• トップ > レース回顧 > 2歳戦 > 2019年度
 

 

 

名古屋・2歳新馬戦

 

 2019年10月04日14回名古屋4日2R サラ系2歳新馬 重 800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

1

エイシンナーサリー

名古屋

54.0

大畑雅

449

0.50.2

 

1

2着

4

エイシンバロニン

名古屋

54.0

村上弘

447

0.50.7

2 1/2

4

3着

3

ブルラッシュ

名古屋

55.0

戸部尚

506

0.52.2

7

2

4着

2

メモリータービン

名古屋

55.0

今井貴

415

0.52.4

1 1/2

3

5着

5

トゥファースト

名古屋

55.0

丸山真

475

0.54.1

8

5

 

エイシンナーサリー  今津 博之きゅう舎

  牝・芦毛・2017年2月19日生まれ

  父 スマートファルコン 母 エイシンポラリス(母の父 Unbridled’s Song)

  生産牧場: 栄進牧場(北海道浦河郡浦河町)  馬主: 平井 克彦 氏

 

 【短評】 馬体は細いぐらいに仕上がっており、5頭の中では一番良く見せた。発馬もきちんと決めてスイスイ。終始余裕の手ごたえでの完勝。この頭数で50秒2の勝ち時計も優秀だろう。2着にも同じ厩舎、馬主のエイシンバビロンが入り関係者としては万々歳か。残りの2歳の在厩頭数を考えると、実質的には今季最後の新馬戦になりそうだ。
 【レース後のコメント】 今津博之調教師……ソエ気味で直前の追い切りは手控えるなど、状態は必ずしも万全とはいかなかったが、ゲートセンスの良さを生かして押し切ってくれたね。他馬とは仕上がりの差があったかもしれないが、走破時計の50秒2はまずまずといえるし、評価できる内容では。

 

 

 

 

 

名古屋・ JRA認定競走 セレクトゴールド第2戦

 

 2019年10月02日14回名古屋2日10R サラ系2歳・特別 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

9

カナグランプリ

名古屋

54.0

加藤聡

435

1.31.1

 

5

2着

3

ビックバレリーナ

名古屋

54.0

大畑雅

442

1.31.3

1 1/2

2

3着

7

フクダイトウリョウ

名古屋

55.0

渡邊竜

506

1.31.4

4

4着

5

エムエスオープン

名古屋

54.0

今井貴

442

1.31.6

3/4

1

5着

6

ユーセイシューター

名古屋

55.0

丸山真

442

1.31.7

1/2

10

6着

8

コマジオウ

名古屋

54.0

山田祥

464

1.32.3

3

9

7着

10

ヒーローニシキ

名古屋

53.0

木之前葵

423

1.32.3

6

8着

4

メモリーソウル

名古屋

55.0

友森翔

441

1.32.5

3/4

8

9着

11

グラムロック

名古屋

55.0

岡部誠

470

1.33.6

5

3

10着

1

アップビリオン

名古屋

55.0

村上弘

474

1.33.7

1/2

7

取消 

2

ミラクルキャッシュ

名古屋

55.0

尾崎章

 

右肩跛行 

出走取消 

 

 

【短評】 1着 カナグランプリ……スタートも決めて、外めの好位に取り付いた。以前のようなふわふわした面も垣間見せずに無理なく追走。4角では前を射程権であとは決め手勝負を制す。番手に実力馬のエムエスオープンに大名マークされただけに価値がある。ただ、時計は1分31秒1と要したことも幸いしたのは事実で2歳戦線は前回認定のインザフューチャーも含めて、上位5頭ぐらいの混戦ムードが続きそう。順列が決まりだすのは年が明けてからかもしれない。

 

【レース後のコメント】

1着 カナグランプリ

坂口義幸調教師……デビュー当初は800mを53秒台でしか走れなかったことを思えば、よくここまで成長してくれたね。馬体が増えたことが馬力アップに結び付いたし、若干ソエを気にするところがありながらもラスト50mで1馬身抜け出したのは地力の高さを示すもの。この後はひと休みするが、脚元がパンとすれば楽しみだよ。