• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2020年度

レース回顧

 
 

 

名古屋・ 日進市長杯 第26回 マイル争覇(SPⅡ)

 

 2021年01月14日22回名古屋2日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅡ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

8

カツゲキキトキト

名古屋

57.0

大畑雅

536

1.43.1

 

2

2着

10

トリマゴラッキ

名古屋

55.0

村上弘

433

1.43.3

1

5

3着

11

サンデンバロン

名古屋

57.0

山田祥

489

1.44.0

3

7

4着

6

アンタエウス

名古屋

57.0

水野翔

462

1.44.7

3

1

5着

3

ウインハイラント

名古屋

57.0

加藤聡

463

1.44.7

4

6着

1

ドラゴンエアル

名古屋

57.0

木之前葵

499

1.45.0

1 1/2

9

7着

4

ゴールドリング

名古屋

55.0

友森翔

474

1.45.8

4

6

8着

2

エイシンハルニレ

名古屋

57.0

岡部誠

458

1.46.5

3

8

9着

5

メモリートニック

名古屋

57.0

戸部尚

455

1.48.1

8

10

10着

12

サウスアメリカン

名古屋

57.0

加藤利

496

1.48.5

2

11

11着

7

マイタイザン

兵庫

57.0

杉浦健

542

1.56.7

大差

3

取消

9

スパークルメノウ

名古屋

57.0

筒井勇

 

 右前球節炎

 出走取消

 

 

【短評】 1着 カツゲキキトキト……3頭の先行争いを見る形でスッと内に入れていった。ゴールドリングが大逃げを打つが、冷静に構えていたし、サンデンバロンが早めに並んでいくが、慌てずに突き放した。重賞20勝目の金字塔。名古屋の競馬史に残る名馬の仲間入り。 2着 トリマゴラッキ……いつもより好ポジションにつけられた。しまいは長くいい脚を使えたし、やはりマイルは合う。 3着 サンデンバロン……キトキトを負かしにいく、積極的な仕掛け。最後は突き放されてしまったが、馬体も維持もしていたし、名バイプレイヤーぶりを発揮。 11着 マイタイザン……3角からズルズル後退し、最後は歩いてゴール。心房細動があった模様。

 

【レース後のコメント】

1着 カツゲキキトキト

錦見勇夫調教師……本当にいいころからするとまだ7分程度の状態だと思いますが、徐々に本来の走りを取り戻してきました。やはり力のある馬ですね。次走についてはあくまで馬と相談しつつですが、名古屋の重賞で唯一勝っていない梅見月杯に使いたいと考えています。

 

 

 

 

笠松・第26回 白銀争覇(SPⅢ)

  

 2021年01月07日16回笠松2日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅢ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

タイセイプレシャス

笠松

57.0

水野翔

494

1.27.7

 

4

2着

6

ファストフラッシュ

金沢

57.0

青柳正

502

1.27.7

5

3着

8

ドライヴナイト

兵庫

57.0

笹田知

518

1.27.7

2

4着

1

アルタイル

笠松

57.0

藤原幹

503

1.28.1

2

3

5着

9

タイセイエクレール

笠松

57.0

渡邊竜

520

1.28.2

3/4

7

6着

2

エイシンエンジョイ

兵庫

57.0

下原理

452

1.28.7

2 1/2

1

7着

7

メモリージルバ

名古屋

57.0

友森翔

456

1.28.9

1

8

8着

5

エネルムサシ

笠松

57.0

筒井勇

507

1.29.4

2 1/2

9

9着

3

グリグリグリタロウ

名古屋

57.0

戸部尚

490

1.30.9

7

6

 

【短評】 1着 タイセイプレシャス……ふれこみ通りダッシュ力は平凡で、レースは最後方から。じっくり脚をタメて機をうかがっていたが、幸いレースはテンの4ハロンが48秒2というハイペース。流れがしっかり向いたし、4コーナーで内が開いた点も鞍上が見逃さなかった。 2着 ファストフラッシュ……スタートを決めて好位勢の後ろからレースを進めたが、4コーナーでは前をいくドライヴナイトを上回る手応えで追撃。勝ったと思われたところを内からタイセイプレシャスに差された印象。以前、笠松に在籍していたころとは別馬を思わせる雰囲気、活躍だ。 3着 ドライヴナイト……

エイシンエンジョイの2番手が理想的だったが、間にグリグリグリタロウが入って3番手からスタート。早めに動いて前にプレッシャーをかけにいったが、そのぶんもあってラストは失速。力がある馬だし、今日も展開次第では勝てていた印象も。

 

【レース後のコメント】

1着 タイセイプレシャス

水野翔騎手……中央時の成績を見てもそうですし、追い切りも絶好の動きでしたからね。必ずワンチャンスあると思っていましたが、レースもいい感じで流れていましたからね。スタートはテンから押っつけても全く進んでいきませんでしたが、勝負どころからはしっかり反応してくれましたし、この馬の持ち味を発揮してくれたと思います。早速、今年の目標としていた国内での重賞初制覇を成し遂げましたし、あとは何としてもリーディングを取りたいです。応援よろしくお願いします。

 

後藤佑耶調教師……厩舎開設以来の初重賞ですからね。正直、本当に嬉しいです。馬主さんやスタッフ、関係者に恵まれて、支えられていますからね。本当に感謝の思いでいっぱいです。タイセイプレシャスですけど、まだ冬毛も結構出てますし、体調の方がまだまだだと思っていたのですが、それでこの結果ですからね。逆に夢が広がりましたし、距離の方も当地なら1600mぐらいまではこなしてくれるんじゃないかなあ、と思っています。馬運車に課題がありそうですから当面は地元中心のローテを組んでいこうと思っていますが、今年の夢は大きく笠松グランプリとでも言っておきましょうか(笑)

 

 

 

 

名古屋・ 名古屋市長杯 第24回 名古屋記念(SPⅠ)

 

 2021年01月04日21回名古屋4日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

3

アドマイヤムテキ

名古屋

57.0

岡部誠

490

1.29.7

 

3

2着

8

カツゲキキトキト

名古屋

57.0

大畑雅

540

1.29.8

1/2

4

3着

2

サンデンバロン

名古屋

57.0

渡邊竜

490

1.30.3

2 1/2

7

4着

11

ニュータウンガール

笠松

55.0

水野翔

506

1.30.7

2

1

5着

5

サンダーマックス

名古屋

57.0

柿原翔

517

1.31.3

3

6

6着

7

ビターレ

名古屋

57.0

戸部尚

472

1.31.3

10

7着

1

スパークルメノウ

名古屋

57.0

村上弘

473

1.31.5

1

8

8着

12

ウラガーノ

笠松

55.0

筒井勇

523

1.31.6

1/2

5

9着

4

エイシンハルニレ

名古屋

57.0

加藤聡

462

1.31.7

1/2

9

10着

10

ポルタディソーニ

名古屋

55.0

宮下瞳

442

1.32.3

3

11

11着

9

ゴールドリング

名古屋

55.0

友森翔

483

1.33.7

7

2

取消 

6

タイガーアチーヴ

名古屋

57.0

今井貴

 

フレグモーネ 

出走取消 

 

 

【短評】 1着 アドマイヤムテキ……好位のインのいわゆる開催後半の最高のポジションを取れた。それが最大の勝因。笠松グランプリの時よりもデキも上がっていたし、最後はキトキトに詰め寄られるも凌ぎ切った。連覇達成。 2着 カツゲキキトキト……勝ち馬と一緒のコースを上がっていった。勝負どころでの脚色はさすが。勝利とはならなかったが、このあと反動なくローテが組めるようなら、復活の日は近い。 3着 サンデンバロン……インから外へ出して上がらざるを得なかったが、存在感は示せた。馬体も回復していたことが好走に繋がった。 11着 ゴールドリング……スタートで躓く不運。番手では持ち味が出せなかった。大幅な馬体増があったが、太目感はなく成長ぶんだろう。仕切り直し。

 

【レース後のコメント】

1着 アドマイヤムテキ

角田輝也調教師……この中間はそれこそ24時間体制でスタッフが懸命に立て直してくれました。まずは彼らを労いたいですね。状態も上がっていましたし、このメンバーでも自信はあったんですよ。岡部騎手からも勝利宣言が飛び出していましたしね。これからも一戦一戦を大事に戦っていきたいです。

 

 

 

動画:金シャチけいば情報チャンネル(名古屋けいば公式チャンネル)

 

 

 

 

名古屋・第23回 新春ペガサスカップ(SPⅠ)

 

 2021年01月01日21回名古屋1日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 稍重 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

ブンブンマル

名古屋

56.0

戸部尚

462

1.46.4

 

1

2着

2

ベニスビーチ

笠松

54.0

筒井勇

438

1.47.2

4

3

3着

10

ドリームキャット

名古屋

54.0

岡部誠

462

1.47.8

3

6

4着

8

ロジータミニスター

名古屋

54.0

今井貴

442

1.47.9

3/4

8

5着

5

ユキプロスパー

名古屋

56.0

柿原翔

422

1.48.1

1

7

6着

6

サルー

笠松

54.0

池田敏

450

1.48.2

4

7着

3

オーゴンノキズナ

名古屋

54.0

宮下瞳

454

1.48.4

1

9

8着

12

ダイセンハッピー

名古屋

54.0

大畑雅

475

1.48.7

1 1/2

2

9着

11

ヌーベルアヴニール

名古屋

56.0

加藤聡

484

1.49.4

3

10

10着

9

モズザベスト

名古屋

54.0

木之前葵

412

1.49.9

2 1/2

5

11着

1

ツネリュウオー

名古屋

54.0

村上弘

448

1.52.8

大差

11

12着

4

メモリーエルフ

名古屋

54.0

友森翔

462

1.53.2

2

12

 

【短評】 1着 ブンブンマル……好発を決めて、ハナへいけるほどの出脚だったが、ダイセンハッピーとの譲り合いのような形で2番手から。スローの流れだったが、前にもプレッシャーをかけつつ4角先頭。あとは交わすだけという完勝。 2着 ベニスビーチ……出遅れて後方待機も、向正面から外を回して先団にとりついた。ただ、出遅れがなかったとしても勝つまではどうか。競馬はうまい。 3着 ドリームキャット……スタートでアオって、後方から。ただ、勢いづいてからの加速はよく、うまく内を捌けた。短期放牧の効果があったようだ。 4着 ロジータミニスター……向正面から押し上げて勝負に出たが、しまいは甘くなってしまった。現状の力か。 8着 ダイセンハッピー……何が何でもの姿勢ではなかったが、ブンブンマルに行く気がなかったのでハナへ。スローペースのわりに踏ん張れず。初着用のブリンカーも裏目だったか。


【レース後のコメント】
1着 ブンブンマル
川西毅調教師
……今日はスタートから落ちついていました。それもあって、いつも以上に前に行くことができました。末脚のいい馬があの位置で運べたのは大きかったですね。

 

 

動画:金シャチけいば情報チャンネル(名古屋けいば公式チャンネル)