• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2019年度

 

 

名古屋・ GDJ2019 豊明市長賞  第25回 東海クイーンカップ(SPⅠ)

 

 2019年04月16日2回名古屋1日11R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅠ 良 1800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

ゴールドリング

名古屋

54.0

友森翔

465

1.58.8

 

1

2着

1

リリコ

兵庫

54.0

岡部誠

485

2.00.0

6

2

3着

6

オイコイケ

名古屋

54.0

戸部尚

438

2.02.8

大差

10

4着

4

ドミノパス

名古屋

54.0

山田祥

448

2.03.1

1 1/2

8

5着

7

ベロナサンライズ

名古屋

54.0

村上弘

441

2.03.1

11

6着

11

スウォードクイーン

佐賀

54.0

児島真

478

2.03.9

4

3

7着

5

ベアーレ

笠松

54.0

吉井友

462

2.04.3

2

7

8着

8

ノーブルソレイユ

名古屋

54.0

大畑雅

451

2.05.0

3

4

9着

3

ヤマショウハヤテ

名古屋

54.0

藤原良

425

2.06.5

7

9

10着

9

エリアント

兵庫

54.0

鴨宮祥

423

2.06.7

1

6

11着

10

ミトノクリ

名古屋

54.0

丸野勝

421

2.06.8

5

 

【短評】 1着 ゴールドリング……無理仕掛けしているわけでないが、天性の速さ。気分よく逃げて、折り合い不安まど微塵もせずに、あとはワンサイド。時計も速い。まだ、びっしり追えず、毛づや一息の段階でこの走り。現時点でエムエスクイーン、アンタエウスとの位置づけが逆転したかも。 2着 リリコ……前半は内でソツなく立ち回り、好位勢がタレたときに自然と単独2番手。まあ勝ち馬ちは脚力が違ったが、楽に2着。相手が悪かっただけ。 3着 オイコイケ……最後方から、前2頭がちぎれて、好位勢が壊滅 漁夫の利があった。 6着 スウォードクイーン……長距離輸送で大幅馬体減。いったん3着争いに参加するも失速。若草賞のニュールックも同様だったが、やはり九州は遠か。

 

【レース後のコメント】

1着 ゴールドリング

塚田隆男調教師……おとなしい馬ですし距離はそれほど心配していませんでした。ハナに行って楽に押し切ってくれましたし、力をつけていますね。最終的な目標については東海ダービーか、グランダムジャパンの関東オークスを考えていますが、オーナーとよく相談して決めたいと思います。
 

動画:金シャチけいばNAGOYA(名古屋けいば)公式チャンネルより 


 

 

 

名古屋・第59回 東海桜花賞(SPⅠ)

 

 2019年04月11日1回名古屋3日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 重 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

キクノステラ

兵庫

57.0

岡部誠

528

1.30.1

 

2

2着

9

スムーズジャズ

名古屋

57.0

加藤聡

507

1.30.3

1

3

3着

4

バンドオンザラン

川崎

57.0

赤岡修

508

1.31.0

3

1

4着

10

ポッドジョイ

大井

57.0

東川公

487

1.31.3

1 1/2

9

5着

3

サンデンバロン

名古屋

57.0

丹羽克

477

1.31.3

6

6着

2

ドリームアロー

笠松

57.0

筒井勇

424

1.31.5

1 1/2

8

7着

8

ポルタディソーニ

名古屋

55.0

宮下瞳

436

1.31.7

1

5

8着

5

サザンオールスター

名古屋

57.0

大畑雅

451

1.32.0

1 1/2

7

9着

6

メモリートニック

名古屋

57.0

友森翔

454

1.32.3

1 1/2

4

取消 

1

ストーミーワンダー

笠松

57.0

佐藤友

 

 右前挫跖

 出走取消

 


【短評】 1着 キクノステラ……ゲートもあまり速くないし、エンジンの掛かりが遅いタイプだが、スピードに乗ってからの走りはなかなか。3角では勢いそのまま一気に先頭に立った。やや遊ぶところがあり他馬に迷惑をかけてしまったが、これも勝負のアヤ。 2着 スムーズジャス……勝負どころで一瞬反応が遅れたが、ゴール前をよく詰め寄った。このメンバー相手にこれだけやれたのは自信につながるはず。 3着 バンドオンザラン……ややスタートが甘く、想定していた位置取りより後ろになってしまう誤算。3角で挟まれる形になったのも痛かったが、それを差し引いても終始手ごたえも良いとはいえずジワジワ脚を伸ばした程度。1番人気としてはやや物足りない内容だった。

 

【レース後のコメント】
1着 キクノステラ
田中範雄調教師
……兵庫ゴールドトロフィーで僅差の3着したように力のある馬ですが、まだ直線で抜け出すと遊んでいるような面がみられました。輸送に敏感な面があってなかなか結果が出なかったのですが、だいぶ慣れてきたようですし、今回うまくいった経験を分析して次回以降に繋げたいですね。かきつばた記念にも登録してあるので、また来たいと思っています。

 

動画:金シャチけいばNAGOYA(名古屋けいば)公式チャンネルより 

 

 

 

笠松・第45回 新緑賞(SPⅡ)

 

 2019年04月04日1回笠松3日10R サラ系3歳・オープン・SPⅡ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

6

サウスグラストップ

笠松

56.0

岡部誠

491

1.41.6

 

1

2着

4

ニューホープ

笠松

56.0

佐藤友

433

1.43.2

8

2

3着

7

ポアンカレ

笠松

56.0

森島貴

451

1.43.3

4

4着

5

レジア

笠松

56.0

藤原幹

504

1.44.1

4

3

5着

10

ベアーレ

笠松

54.0

吉井友

474

1.44.3

3/4

8

6着

9

ドリームパーリオ

笠松

54.0

向山牧

420

1.44.7

2

9

7着

3

マグマミキサー

笠松

56.0

東川公

454

1.45.1

2

7

8着

1

ライトリー

笠松

54.0

水野翔

475

1.45.3

3/4

6

9着

2

マルヨグローズ

笠松

56.0

島崎和

437

1.45.5

1

10

10着

8

タイヨウノウタ

笠松

54.0

渡邊竜

423

1.46.2

3

5

 

【短評】 1着 サウスグラストップ……スタートはもっさりしていたが、すかさず好位3番手を確保。終始抜群の手応えで、勝負どころで仕掛けると後続をぐんぐん突き放して圧倒的な強さを見せつけた。相手に恵まれていたとはいえ、文句なしの内容だ。 2着 ニューホープ……勝ち馬の強さが際立って2着を確保するので精一杯だったが、まずまずの切れ味を発揮。ローテーションを踏まえればまだまだ上積みを期待できそうだ。 3着 ポアンカレ……道中は中団で脚をタメて末脚勝負。2着馬とは差のない競馬に持ち込んだが、持ち前の手堅さは発揮できた印象。相手なりのタイプで、今後も馬券に欠かせない存在だ。

 

【レース後のコメント】

1着 サウスグラストップ

岡部誠騎手……今日は3番手から、理想的な競馬ができました。まだモマれたりすると気性的に甘くなりそうでそのあたりが今後の課題ですが、今日のような形ならなかなか強いですよ。平均していい脚を使うので、距離が延びればますますパフォーマンスが上がりそうです。

 

尾島徹調教師……勝って当然の相手でしたけど、人気に応えることができましたし、やはり嬉しいですね。この後は駿蹄賞からダービーに向かう予定です。距離も1800m、1900mくらいがベストだと思いますし、頑張ってほしいですね。