• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2018年度
 

 

名古屋・ GDJ2018 第24回 東海クイーンカップ(SPⅠ)

 

 2018年04月17日2回名古屋1日11R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅠ 重 1800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

11

ウォーターループ

名古屋

54.0

友森翔

424

2.00.1

 

3

2着

8

レコパンハロウィー

兵庫

54.0

大山真

409

2.00.7

3

1

3着

10

プラチナクイン

名古屋

54.0

戸部尚

404

2.00.8

6

4着

5

バジガクアリア

名古屋

54.0

木之前葵

446

2.02.0

6

7

5着

2

デルグレネ

笠松

54.0

森島貴

397

2.02.1

1/2

12

6着

1

レッドエルム

名古屋

54.0

丹羽克

529

2.02.2

8

7着

7

ノートゥルレーヴ

船橋

54.0

丸野勝

464

2.02.2

2

8着

4

ユウクインスター

名古屋

54.0

今井貴

464

2.03.4

6

9

9着

6

トーホウカトレア

名古屋

54.0

加藤聡

405

2.03.9

2 1/2

10

10着

3

リボース

笠松

54.0

池田敏

456

2.04.8

4

4

11着

9

ネコマレー

名古屋

54.0

宇都英

437

2.04.9

5

12着

12

ライトセイラ

名古屋

54.0

柿原翔

437

2.05.5

3

11

 

【短評】 1着 ウォーターループ……2番手でじっくりと自身のペースを守って追走。早め先頭に立ち格好の目標にされ吸収されるかと思いきや、逆に突き離し圧勝といえる内容。テンションは相変わらず高くても、その程度は軽くなっているし、地元競馬であらためて存在感を示した。 2着 レコパンハロウィー……佐賀のル・プランタン賞とは違い余裕の手ごたえで追走。4角で押し上げ勝ちパターンのようにも思えたが前に並ぶまでは至らず、逆に直線では離された。400キロそこそこの小さな馬でもあるし、ハードな日程で目に見えない疲れがあったのかも。 3着 プラチナクイン……発馬が少し悪かったこともあり後方から。勝負どころでの脚は他馬を圧倒していたが、あまりにも前からは置かれ過ぎ。 7着 ノートゥルレーヴ……好位置につけたまではよかったが、向正面あたりでは手ごたえがあやしくなり、ひと脚も使えずに終わった。
 

【レース後のコメント】

1着 ウォーターループ

友森翔太郎騎手……距離が1800mに延びたので折り合いをしっかりつけていかないと、と思っていました。となりのライトセイラがハナに行ってくれたので、楽なレース運びができましたね。4コーナーの手応えはよくて、あとはレコパンハロウィーがどれくらい来るかな?といったところでしたが、直線の手応えはまだまだありましたので勝てると思いました。強い競馬をしてくれました。この馬のいいところはスピード。名古屋には一頭強い馬がいますが、東海ダービーに向けてしっかり調整して挑戦したいですね。これからもウォーターループともども名古屋競馬の応援をよろしくお願いします。

 

 

 

 

名古屋・第58回 東海桜花賞(SPⅠ)

 

 2018年04月10日1回名古屋1日11R サラ系4歳以上・オープン・SPⅠ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

11

カツゲキキトキト

名古屋

57.0

大畑雅

532

1.28.6

 

1

2着

1

ポルタディソーニ

名古屋

55.0

宮下瞳

434

1.28.9

1 1/2

6

3着

3

インディウム

兵庫

57.0

大山真

497

1.29.0

7

4着

2

コスモラヴモア

名古屋

57.0

丸野勝

498

1.29.1

2

5着

12

メモリージルバ

名古屋

57.0

友森翔

466

1.29.2

1/2

12

6着

6

スターインパルス

浦和

55.0

岡部誠

466

1.29.3

1/2

5

7着

10

ドリームコンサート

兵庫

57.0

鴨宮祥

523

1.29.4

1/2

8

8着

9

ドレッドノート

笠松

57.0

山下雅

471

1.29.5

1/2

10

9着

4

ウルトラカイザー

佐賀

57.0

真島正

480

1.29.5

4

10着

7

ナチュラリー

兵庫

57.0

下原理

469

1.29.7

1 1/2

3

11着

8

サンデンバロン

名古屋

57.0

丹羽克

478

1.30.1

2

9

12着

5

ヴェリテ

名古屋

57.0

柿原翔

482

1.30.2

1/2

11

 

【短評】 1着 カツゲキキトキト……好位を取りきれず1角では外に振られ、2角手前では大畑騎手が手を動かしながら先団に取りつくというかなり大味なレース運びだったが、それをも苦にせず力でねじ伏せた。単勝オッズ1.1倍が示すとおり、やはり地方馬同士ではレベルが違う。 2着 ポルタディソーニ……きょうも抜群のスタート。1、2角あたりでは少し行きたがる面も見られたが、直線まではラチ沿いでジッと我慢して折り合いに専念。短い直線で逃げるスターインパルスを交わしきる一瞬の脚はさすがだったし、後続の猛追をなんとかこらえて2着を死守したあたりにもこの馬のセンスの良さを感じさせた。 3着 インディウム……発馬が少し悪かったが、ラチ沿いをロスなく追走。3角からも2着馬の通ったコースを辿りうまく乗った結果。 4着 コスモラヴモア……ポルタディソーニと同様に、ラチ沿いを息をひそめるかのようにジッと我慢。直線で上手く外に出し追い込んだが、僅差の4着。それでも格上挑戦でここまでやれれば近いうちに重賞にも手が届きそうだ。 

 

【レース後のコメント】

1着 カツゲキキトキト

錦見勇夫調教師……1角はヒヤヒヤしたけど、向正面あたりからは安心して見ていられたよ。ここでは力が違うからね。次は「かきつばた記念」に決めたよ。ファンの多い馬だし、何とかグレードレースを勝たせてあげたいね。 

大畑雅章騎手……連闘のような日程で馬が嫌気を見せる面があって、2コーナーはヒヤリとしましたが、向正面でエンジンが掛かってからは大丈夫だと思いました。やはり距離を問わず、地方馬同士なら力が上です。このあとはオーナーさんが「かきつばた記念に」ということなので、そこへ向けてじっくりと調整していきます。どんな相手が来るのか分かりませんが、高知の黒船賞ぐらいの相手なら互角に戦えると思います。頑張りたいですね。

 

 

 

 

 

 

笠松・第44回 新緑賞(SPⅡ)

 

 2018年04月04日1回笠松2日9R サラ系3歳・オープン・SPⅡ 良 1600m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

ビップレイジング

笠松

56.0

藤原幹

460

1.41.8

 

3

2着

10

ドリームスイーブル

笠松

56.0

丸野勝

462

1.41.9

3/4

1

3着

2

ユーセイスラッガー

名古屋

56.0

佐藤友

474

1.42.7

4

5

4着

4

バジガクアリア

名古屋

54.0

木之前葵

443

1.42.7

9

5着

3

サラヒメ

笠松

54.0

筒井勇

420

1.43.1

2

7

6着

7

クルセイズスピリツ

名古屋

56.0

柿原翔

446

1.43.1

2

7着

1

メモリーメガトン

笠松

56.0

向山牧

480

1.43.4

1 1/2

4

8着

8

ライトスラッガー

笠松

56.0

岡部誠

434

1.44.9

7

6

9着

9

マーメイドモアナ

笠松

54.0

東川公

378

1.45.7

4

8

 出走取消

6

ディーエスパースン

笠松

56.0

高木健

 

左前肢跛行 

 取消

 

 

【短評】 1着 ビップレイジング……同厩舎のドリームスイーブルを先に行かせて中団から。ゴーサインを出すとグイグイ反応して、ゴール前は豪快に差し切ってみせた。前走も強かったが、今日も勝負強さが光った。 2着 ドリームスイーブル……道中行きたがる場面があり、折り合いに課題を残したが、いい脚は使えていたし、持ち味は発揮できた印象。今日はビップレイジングに負けたが、この2頭の間に力量差はない。 3着 ユーセイスラッガー……好発を決めて絶好位2番手から。逃げるクルセイズスピリツに常にプレッシャーをかけながらの競馬で自身のペースも楽ではなかったが、それで3着なら上々。体調面も本調子を取り戻せば、チャンスがあっていい。

 

【レース後のコメント】

1着 ビップレイジング

藤原幹生騎手……思っていたより後ろからの競馬になりましたが、結構流れていましたし、いい展開になりましたね。馬の方もいい反応で動いてくれましたし、上がりの脚力だけみても以前よりパワーアップしてると思います。まだまだ成長していけると思いますので、応援よろしくお願いします。

笹野博司調教師……本当はビップレイジングを先行させてドリームスイーブルが差す競馬をイメージしていたのですが、逆になりましたね。ただ、どちらもいい内容だったと思いますし、うちのがワンツーを決めてくれて本当に嬉しいです。ビップレイジングのこの後の予定ですが、イレ込みに課題がありますから、地元を中心に使っていきたいです。ぎふ清流カップから東海ダービーのローテと考えています。