• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2017年度
 
 

 

笠松・第41回 岐阜金賞(SPⅠ)

 

 2017年10月13日12回笠松3日11R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 稍重 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

ドリームズライン

名古屋

56.0

大畑雅

470

2.04.2

 

1

2着

8

アペリラルビー

笠松

54.0

向山牧

465

2.04.4

1 1/2

6

3着

2

マイフォルテ

兵庫

56.0

吉原寛

478

2.04.6

1 1/2

2

4着

1

ドリームアロー

笠松

56.0

筒井勇

417

2.04.8

1 1/2

3

5着

9

グレイトデピュティ

笠松

56.0

島崎和

511

2.05.0

1 1/2

5

6着

5

サザンオールスター

名古屋

56.0

吉井友

441

2.05.1

1/2

9

7着

7

マイネルカロン

名古屋

56.0

宇都英

468

2.05.4

1 1/2

7

8着

3

ゴールドブレード

笠松

56.0

藤原幹

511

2.06.4

5

4

9着

6

マルヨアキト

笠松

56.0

佐藤友

470

2.07.2

4

8

10着

10

メモリーミラクル

名古屋

54.0

友森翔

466

2.10.1

大差

10

 

【短評】 1着 ドリームズライン……好スタートを決めて道中は折り合いに専念。向正面からスパートを開始して、4コーナーでハナに立っていたドリームアローを捕えたあたりで勝利を確信。3冠馬にふさわしい強い勝ちっぷりだった。 2着 アペリラルビー……中団からの競馬になったが、道中は慌てず騒がず。末脚を信頼しての騎乗となったが、うまく経済コースを通って連対。凄味はなかったが、この馬らしい渋さは発揮できた印象。 3着 マイフォルテ……スタートで立ち遅れて、道中も外々を回されるなど、所々にロスはあった印象。ただ、それで3着にくるのだから脚はあるし、全国区で通用する力は十分に感じ取れた。

 

【レース後のコメント】
1着 ドリームズライン
大畑雅章騎手
……まずは3冠が懸かっていましたし、結果を出せてホッとしています。レースはとにかく折り合いに重点を置いていましたが、もう1点。先生に指示されていたのですが、兵庫のマイフォルテに先にマクられないように気をつけて騎乗しました。直線に向いて思ったほど手ごたえはよくありませんでしたが、勝ちは勝ち。やはり強い馬だと思いますし、これから全国区レベルでも活躍できると期待しています。
川西毅調教師……これまで金賞は大畑騎手のノゾミダイヤに負けたりして縁がなかったのですが、今日はその大畑君が勝利をプレゼントしてくれましたからね(笑)。3冠も達成できましたし、本当に嬉しいです。勝因はやはりローテーションでしょうね。前走のオープンはやや余裕残しの調整で仕上げていましたし、叩き3走目。ここを目標にきっちり調整できましたから、思惑通りいったと思います。この後は馬の状態を見ながらの決定になりますが、金沢の北國王冠を予定しています。