• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2017年度

 

 

 

名古屋・第56回 駿蹄賞(SPⅠ)

 

 2017年05月04日3回名古屋3日10R サラ系3歳・オープン・SPⅠ 良 1800m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

7

ドリームズライン

名古屋

56.0

大畑雅

468

2.00.1

 

1

2着

1

マルヨアキト

笠松

56.0

佐藤友

460

2.00.3

1 1/2

11

3着

12

ゴールドブレード

笠松

56.0

藤原幹

497

2.00.9

3

10

4着

5

アペリラルビー

笠松

54.0

向山牧

472

2.00.9

8

5着

9

カツゲキマドンナ

名古屋

54.0

木之前葵

443

2.01.5

3

7

6着

11

サザンオールスター

名古屋

56.0

吉井友

454

2.01.5

4

7着

3

クインザドリーム

名古屋

54.0

戸部尚

398

2.01.6

9

8着

10

ケイサンパルプンテ

名古屋

56.0

柿原翔

432

2.01.7

1/2

12

9着

8

グレイトデピュティ

笠松

56.0

島崎和

512

2.02.0

1 1/2

3

10着

4

メモリーミラクル

名古屋

54.0

友森翔

462

2.02.3

1 1/2

2

11着

2

ミトノリバー

名古屋

54.0

岡部誠

425

2.03.0

3

6

12着

6

カワナ

名古屋

56.0

丸野勝

500

2.03.5

2 1/2

5

 

【短評】 1着 ドリームズライン……混戦ではあったが単勝1番人気の支持。レースは発馬が悪く想定よりも後方からの競馬になったが、向正面に入ったところで徐々にギアチェンジ。3角では射程圏。4角先頭で横綱競馬といった勝ちっぷり。 2着 マルヨアキト……勝ち馬のマクりにはついて行けなかったが、好位勢がモタつくで大外を回り豪快な伸び脚。ブリンカー効果もあってか、これまでにはない内容で進境が見られた走り。 3着 ゴールドブレード……内に入れるタイミングがなく、すべてのコーナーを大外を回るロスの多い競馬。ゴール前こそ脚が上がったが、マクった時の脚色はなかなかだったし、コールロスを考えれば中身は濃い。 9着 グレイトデピュティ……エンジンの掛かりも遅く、勝負どころでスッと順位を上げていけない。大跳びで3、4角を大回りしなければいけないし、ん~本当に難しい。 10着 メモリーミラクル……相変わらずのスタートの速さで難なく先手を奪えたが、今日は番手からのプレッシャーがキツく息の入れられない展開。元々距離も少し長かったし、これでは失速も仕方がないかなといった印象。
 

【レース後のコメント】

1着 ドリームズライン

大畑雅章騎手……内々をうまく回ってロスのないように心掛けてレースに臨みました。道中は少しキツいところがありましたけど、4コーナーの入りの手応えで前の馬を捕らえられると確信して、あとは後ろの馬だけでしたね。強い競馬だったと思います。この馬はスタートや瞬発力に課題がありますけど、スタミナがあってこれくらいの距離の適性が高いです。今後は「東海ダービー」が目標になりますが、僕自身は連覇がかかっていますし、ファンのみなさんの高い支持に応えられるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

 

 

 

名古屋・第19回 かきつばた記念(JpnⅢ)

 

 2017年05月03日3回名古屋2日11R サラ系4歳以上・オープン・JpnⅢ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

2

トウケイタイガー

兵庫

52.0

川原正

491

1.26.8

 

2

2着

9

タムロミラクル

栗東

55.0

川田将

475

1.27.7

4

4

3着

6

ショコラブラン

栗東

56.0

Mデムー

472

1.27.7

1

4着

4

タイニーダンサー

美浦

53.0

内田博

499

1.27.8

1/2

6

5着

12

ラブバレット

岩手

53.0

山本聡

471

1.27.9

1/2

7

6着

7

レーザーバレット

美浦

58.0

戸崎圭

473

1.28.0

1/2

3

7着

1

ドリームキラリ

栗東

56.5

黛弘人

481

1.28.3

1 1/2

5

8着

11

ケイリンボス

高知

51.0

吉井友

517

1.29.0

3

8

9着

3

マルカンパンサー

名古屋

51.0

岡部誠

509

1.29.5

2 1/2

11

10着

5

メモリージルバ

名古屋

51.0

友森翔

470

1.29.9

2

12

11着

8

カツゲキライデン

名古屋

51.0

木之前葵

476

1.30.0

9

12着

10

ワンダフルタイム

名古屋

51.0

宇都英

462

1.30.5

2 1/2

10

 

【短評】 1着 トウケイタイガー……東海桜花賞よりもやや速いペースも競りかける馬もいなくて淡々を進んだ。その桜花賞と同じようなタイム。斤量が5キロ減る恩恵もあり、他馬に付け入るスキを与えず完勝という内容の逃げ切り。 2着 タムロミラクル……早めに外へ出し2角を過ぎたあたりからガンガン仕掛け好位に押し上げるも、勝ち馬に並ぶところまでは至らず最後は一杯一杯。発馬後にいくぶん窮屈な場面があったが、それでも勝ち馬との脚いろの差からすると、やはり2着までだったか。 3着 ショコラブラン……前半は予定どおりのレース運びかと思えたが、向正面で2着馬に行かれインに包まれる格好。勝負どころで動くに動けず不利な面が。しかし外へ出してからの反応ももうひとつ。じわじわと伸びた程度だった。

 

【レース後のコメント】

1着 トウケイタイガー

川原正一騎手……4馬身差ですか、強かったですね。あらためてこの馬の強さを感じました。追って味がある馬ではないので早めに追って、最後までよく辛抱してくれました。ハンデが軽くて、地元の皆さんも応援してくれていたんですが、勝つことができて本当によかったです。次走については調教師さんと馬主さん次第ですが、いずれはもっと大きいところを狙いたいですね。。きょうはたくさんの応援ありがとうございます。またよろしくお願いします。

住吉朝男調教師……2走前の高知「黒船賞」が砂の一番深いところを走らされてこの馬本来の力を出させてあげられず悔しい思いをしたから、中央相手に雪辱を果たせてよかったです。今後はオーナーとの相談になりますが、2か月ほど休ませて8月の佐賀「サマーチャンピオン(JpnⅢ)」を考えてます。今年はぜひJBCに出したいと思っていたけど、これで堂々と参戦できますね。