• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2017年度
 

 

笠松・第44回 オータムカップ(SPⅡ)

 

 2017年09月15日10回笠松4日10R サラ系3歳以上・オープン・SPⅡ 良 1900m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

8

ウインオベロン

兵庫

57.0

吉原寛

506

2.04.2

 

2

2着

1

エイシンニシパ

兵庫

57.0

田中学

510

2.04.7

2 1/2

1

3着

2

ヴェリイブライト

名古屋

57.0

加藤聡

493

2.05.0

1 1/2

6

4着

7

マヤノカデンツァ

名古屋

57.0

岡部誠

481

2.05.6

3

3

5着

6

ヒロノカマオレ

名古屋

57.0

柿原翔

492

2.05.6

5

6着

5

フッカツノノロシ

笠松

57.0

吉井友

498

2.05.9

1 1/2

8

7着

9

アクロマティック

笠松

57.0

向山牧

433

2.06.0

3/4

7

8着

10

エーシンマックス

名古屋

57.0

大畑雅

509

2.06.5

2 1/2

4

9着

3

タッチデュール

笠松

55.0

大原浩

441

2.06.6

10

10着

4

セルリアンラッシュ

笠松

57.0

池田敏

469

2.07.6

5

9

 

【短評】 1着 ウインオベロン……スタートは並だったが、ペースが落ち着いた時に少し押して好位をキープ。2着馬をマークする格好で進出し、4角で先頭に立つとそのまま力強く押し切った。長くいい脚を使えていたし、折り合いもついており、今後も中長距離で活躍しそう。 2着 エイシンニシパ……ハナをうかがう勢いで出ムチを入れてのスタート。2番手に控えたがきっちり折り合いはつき、うまく流れに乗れた。逃げ馬がバテて早めに先頭に立たされ、勝ち馬に目標にされたのもあって、直線では差し返す脚が残っていなかった。 3着 ヴェリイブライト……好スタートも前半は無理せず中団のインで折り合いに専念。勝ちに行くというより、自身の力を出し切るレースぶりではあったが、最後は2着馬に詰め寄ろうかという脚をみせた。コース相性と好調さを印象づける内容だった。

 

【レース後のコメント】

1着 ウインオベロン
吉原寛人騎手
……道中は折り合いもついていたし、追って味のある馬で最後まであきらめずに追いました。2着馬が少し遊んでいる感じだったので、併せることなく一気に抜き去ることを意識しました。また笠松に来たらいいところを見せれるように頑張りたいですね。
盛本信春調教師……輸送があって1キロの馬体増は意外でしたが、中間も順調でした。とにかくバテないのでこれくらいの距離が合っています。次走は白紙ですが、地元の1700mはスタート後すぐコーナーで位置取りが悪くなってこの馬の持ち味がいかせない。どこかいい条件があればまた他地区にも挑戦したいですね。

 

 

 

名古屋・GDJ2017 第11回 秋桜(あきざくら)賞(SPⅠ)

 

 2017年09月05日13回名古屋1日11R サラ系3歳以上・牝馬・オープン・SPⅠ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

4

スターインパルス

浦和

54.0

村上忍

466

1.29.2

 

1

2着

2

ディアマルコ

高知

56.0

永森大

449

1.29.3

1/2

2

3着

1

プリンセスバリュー

大井

56.0

赤岡修

411

1.30.2

4

4

4着

10

ヤマニンミネルバ

高知

56.0

上田将

461

1.30.3

3/4

6

5着

9

ハナノパレード

名古屋

56.0

大畑雅

487

1.30.4

9

6着

7

サマーサラファン

名古屋

56.0

丸野勝

432

1.30.9

2 1/2

10

7着

5

ポルタディソーニ

名古屋

54.0

宮下瞳

423

1.31.0

3

8着

6

ワンダフルタイム

名古屋

56.0

宇都英

467

1.31.3

1 1/2

7

9着

8

キタノアドラーブル

笠松

56.0

木之前葵

430

1.31.7

2

8

10着

3

ライスエイト

笠松

54.0

池田敏

469

1.32.0

1 1/2

5 

 

【短評】 1着 スターインパルス……休み明けを叩いて順調に良化はさすが小久保智厩舎。テンからかなり仕掛けてハナへ。向正面あたりでも息が入らずに厳しい流れになったが、それでも力の違いで振り切った。まだ3歳だし、今後が非常に楽しみ。 2着 ディアマルコ……好位の内をうまく折り合って追走。ペースを考えればちょうどいい位置で運べたし、力は出し切れた。 3着 プリンセスバリュー……赤岡騎手「スターインパルスの真後ろで進めたかったけど、スタートが速すぎたから横になってしまった」。速いペースで強い馬の外をついて行き、タメを作ることができなかった。それでも3着に粘れたのは力があってこそ。勝負どころでの反応がやや遅いタイプでもあるので、次走以降広いコースでの巻き返しに期待。 7着 ポルタディソーニ……自慢の二の脚でハナを狙うがさすがに全国区が相手でいつものようにはいかず、結局3番手から外々を回らされる競馬に。道中も淀みのないラップで流れたため息が入らずスタミナを消耗した。強気の競馬に終始したのは地元筆頭格の意地とも思えたが、最後は失速。やはり一気の相手強化は厳しかった。

 

【レース後のコメント】

1着 スターインパルス

村上忍騎手……交流重賞ともなるとやはりメンバーがそろっているなという印象でした。でもこの馬も力があるので自信を持って臨めました。返し馬の時点でいい状態になっていると感じましたね。前走は休み明けのぶん行き脚が鈍かったのですが、今日はハナに立った後は前向きな気持ちで走ってくれたし、最後の直線を迎えた時点でセーフティーリードを保っていたのであとは懸命に追うだけでしたね。ゴール前は少しヒヤリとしましたけど。まだ3歳と若いですし、これからもっと力をつけてくれると思います。