• トップ > レース回顧 > 重賞競走 > 2016年度

 

 
 

 

名古屋・GDJ2017 第15回 若草賞(SPⅠ)

 

 2017年03月16日26回名古屋4日10R サラ系3歳・牝馬・オープン・SPⅠ 良 1400m

着順

馬番

馬名

所属

斤量

騎手

馬体重

走破時計

着差

人気

1着

5

タッチスプリント

高知

54.0

倉兼育

407

1.30.8

 

7

2着

12

スターレーン

兵庫

54.0

岡部誠

423

1.31.3

2 1/2

2

3着

6

カツゲキマドンナ

名古屋

54.0

木之前葵

438

1.31.4

1/2

4

4着

3

セレニティフレア

笠松

54.0

東川公

447

1.31.6

1 1/2

5

5着

4

メモリーミラクル

名古屋

54.0

友森翔

462

1.31.7

1/2

3

6着

8

ショルト

名古屋

54.0

大畑雅

474

1.31.8

3/4

1

7着

1

クインザドリーム

名古屋

54.0

戸部尚

387

1.32.2

2

6

8着

9

コパノレイミー

佐賀

54.0

山口勲

429

1.32.2

8

9着

10

キョウエイオジョウ

浦和

54.0

秋元耕

448

1.32.6

2

12

10着

2

イスタナ

笠松

54.0

藤原幹

451

1.32.7

1/2

11

11着

11

キリキリマイヒメ

名古屋

54.0

丸野勝

479

1.33.2

2 1/2

9

12着

7

チョウキャプテン

兵庫

54.0

永島太

399

1.34.6

7

10

 

【短評】 1着 タッチスプリント……前走比+13キロと馬体を回復させてきたが、依然として細い体つき。ダッシュがつかず最後方から。ただ、流れが向いたとはいえ一頭だけ他馬とは違った脚色。大外をまくり切るのだから、恐れ入った。 2着 スターレーン……大外枠もスッと最内に入れるあたりはさすが。完璧な競馬はできた結果で勝ち馬が別格だっただけのこと。 3着 カツゲキマドンナ……中団からの競馬になったが、インを突いてそれなりに伸びてきた。再び馬体減があったように、今後は馬体回復成るかが鍵か。 5着 メモリーミラクル……先行馬が壊滅する超ハイペースの中でここまで踏ん張れたのは優秀。地元生え抜き限定の中京ベカスターカップに大きく前進。 6着 ショルト……3番手追走。4角では手ごたえがあるように見えたが、前半のハイペースが最後に祟った。追い出すとアラアラ。
 

【レース後のタイトル】

1着 タッチスプリント

倉兼育康騎手……今日は馬体が回復していたのが良かったですね。初めて対戦する馬が多くて力関係が分かりませんでしたが、馬の力を信じて中団くらいからレースを進めようと考えていました。しかし最後方からという思っていなかった展開になりました。向正面では風が強くてフラフラしていましたが、馬群に近づくにつれてハミをグッと取ってくれたし、直線手前では「もしかして勝てるかも」という手応えに。そして最後は前の馬が止まったような感覚でしたね。いつか勝たしてあげたいと思っていただけに、ゴールしたときはやっと勝てたという気持ちです。これからも頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします。