2018/6/15 - 競馬エース
  • トップ > トップ記事 > 2018年 > 6月

 「当時の走りが忘れられない!」 あのカイシュウキリシマが笠松に帰ってきた。

 笠松5戦5勝は全て圧勝。肩書きこそC級であったが、当時は笠松№1はこの馬!?とすら思わせる圧倒的な存在感を放っていたカイシュウキリシマ。昨年4月に再び中央に戦いの場を移し、初戦の福島ダート1,700mの飯盛山特別(500万下)では低評価をくつがえす2着と好走してみせたが、それ以降は一度も掲示板に載ることもなく6戦を消化。そしてこの度、約1年2か月ぶりに笠松へ戻ってきた。

 「もう終わってしまった?」 この手のパターンはどちらに転ぶか分からない。笹野先生も「転出時の出来には及ばない」と強気なコメントとはいかなかった。不安もある。ただ… あの強かったときの映像が脳をガンガン刺激してくる。というわけで、信じてみる方に一票。こちらも素質はA級のロワゾブルーを2着に固定した三連単①→⑥→⑤⑨⑩の3点で勝負したい。第8R、発走は14時30分。要注目です。

 

 さて、最終日のメインは1,400mで行われる「東海クラウン」。第12R、発走16時50分。

 3連勝中のベルボームが勢いで勝るが、前回破っているドレッドノートライスエイトの巻き返しも怖いし、他にも今年重賞2勝しているハタノリヴィールや名古屋カッサイ、栗本きゅう舎のもう1頭チェダー、さらには格上でこそ良さが生きそうな曲者セブンサムライも加わって大激戦の様相。が、◎はやっぱり⑥ベルボーム(写真)! 勝ち残りで53→54キロに1キロ増えるのも楽ではないが、負けるまでは追い続けるよ。

単勝⑥ベルボーム 2,000円

91,720/146,600=回収率62.56%(前開催終了時点)

 

 

 来週は名古屋けいば「AGI名古屋城カップシリーズ」が19日(火)~22日(金)の連続4日間。そして、次回の笠松開催は6月25日(月)・27日(水)~29日(金)となっております。シリーズメインは28日(木)に行われる「クイーンカップ・SPⅢ」です。どうぞお楽しみに!

(井本秀一)