• トップ > 特集記事 > 神田舞のまいまいノート > 2017年

  

 

6月23日 「意外な決着?」

意外な決着‥と総じていいものか、名古屋でら馬スプリントは第7回目にして初めて“逃げた馬以外の勝利”そして“地元・名古屋馬が馬券に絡まない”結果となりました。
「今年はまだ1つしか重賞を勝てていないのでここで頑張りたい」と話していた佐藤騎手は見事有言実行、ハイジャ(写真)で今年2つ目のタイトルを手にしました。
スタートから出鞭を入れ番手から前の馬を窺う形に。
「外の馬(トーホウハンター)が思ったよりも速かったですが4コーナーでは交わせると勝利を確信しました。」

今年に入ってから距離問わず抜群の安定感を見せているハイジャですがその裏には激しい“爪”の炎症との闘いを抱えていました。
「これに関してはもう恐らく慢性的なもので 上手く付き合いながらやっていくしかありません。なので当日にならないとわからない馬ですが今日は本当に具合が良かったですね」と井上調教師は話します。
「ベストは1400だと思いますがセンスが良く800mもこなしてくれます。状態を見ながらにはなりますがせっかく権利が取れたので船橋へ向かいたい気持ちはあります。」
かつて笠松のラブミーチャンが3連覇を果たした『習志野きらっとスプリント』。新たな東海地区のスプリント王が船橋へ名乗りを上げます。

 

 


本日は早くもシリーズ最終日。今開催は初日以外雨予報が続き、恐らく馬場もそこまで良くはないのでは。。
それを踏まえつつメインレースは最終「磯ノ木特別」(11R,16:25)、少しさみしい7頭立てとなりました。応援馬のアカデミックドレスが出走します。近走を見ているとオンワードハドソンやマルカンパンサーに食指が動きかけてしまうのは事実ですが‥実は渋った馬場は得意で大きく崩れる印象はそこまでありません。実力的にやり合える力はあるはずですし上にあげた馬達に人気が集まるのであれば、応援含め密かに期待してみたいと思います。

 

 

6月21日 「それぞれの成長」

東海ダービー後、東海地区で最も早く高知優駿への参戦を決めていたのがマルヨアキト。掴んだ確かな手応えを持って挑んだ高知優駿は2番手からレースを押し進め、勝ち馬フリビオンには離される形になったものの馬券内、初めての長距離遠征でしっかり結果を残しました。

 

「駿蹄賞はハマったがこれからも同じようにはいかない」と、前走時からゲート出の位置と道中の追走を意識した“前に出していく”調教を行ってきました。それが功を奏したのか以前は「すぐに出て行かない」と話していた馬がスムーズに位置を取りに行けるように。東海ダービーでは掲示板までの結果に悔しさを覗かせていた佐藤友則騎手も「勝ちに行ったけど勝てなかったわー!」と言いつつ今回はどこか清々しさが感じられました。騎手含め厩舎一丸となって育ててきたマルヨアキト。「岐阜金賞で必ず巻き返します!」

 

 

 

 

本日は名古屋競馬『名古屋でら馬スプリントシリーズ』2日目。先日行われたYJSTR名古屋で加藤聡一騎手と仲睦まじい姿を見せていたJRAの川又賢治騎手が再び参戦します。ある意味“同期”で、NARとJRAの障害大会で一緒に騎乗していたという2人。それぞれ活躍の場は違えどお互い刺激し合いながら成長していく素敵な関係性が垣間見えました。

 

 

 

 

9レース(15:45)のJRA交流戦ではキュイラッサに騎乗。以前も書いた気がしますが交流戦は“見守るべきだった”という結果にほぼ終わる私。どうせ外れるなら(?)違う視点から、騎手に注目してみたいと思います。キュイラッサは大型馬でもなく前走−20kgの反動は気になりますが JRAのダート戦では後方からのレースが続いたところを地方ですんなりと先行出来た点は大きく評価できます。斤量差も活かしつつ再度 地方で、注目です。

 

 

6月20日 「名古屋でら馬スプリント」

その名の通り 今年もスピードに自信のある“逃げ馬”たちが揃った 名古屋でら馬スプリント(11R,16:20)。北陸・金沢から3頭に東海地区からは去年の覇者ハナノパレードを初めとした6頭が参戦を表明しています。

 

唯一の笠松馬、ハイジャは今年に入り安定した成績を残しているもののずっと距離を指摘されてきました。

「調子は良いし短いところが合うと思うけどレースは相手関係との兼ね合いだからね。」

と期待をのぞかせつつも控えめにこう話すは管理する井上調教師。

「自分の後ろ手前を蹴ってしまう癖があり爪が悪くなって調子を落としたりスムーズに使えない時期がありました。一度名古屋で使った時は3着まででしたがあの時は距離や適性云々ではなく状態が全てだったと思います。不安要素がない今回は、改めて」

従順で乗りやすく、鞍上の佐藤騎手も「乗り心地がいい」と褒め称えます。

新馬戦以来で名古屋では初となる800m戦。笠松から期待を背負って、ハイジャが挑みます。

 

他馬の取材情報、私の予想に関しては本日場内にて配信予定のYouTubeLIVEにてご確認をお願いします。ここ2回程イレギュラー配信が続きましたが今回は通常配信に戻り13時15分と14時45分からの30分ずつ。素敵な名古屋競馬トレカが当たるプレゼント企画も行いますので是非とも覗きにきてみて下さい(^^)

 

 

 6月16日 「YJSTR名古屋を終えて」

若手騎手達による真っ直ぐな気持ち,思いが詰まった熱い戦いが見られた、ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド名古屋。どの騎手からも「勝ちたい」という姿勢が強く伝わってきたレースも、勝つのは言わずもがな1名のみ。


専門紙記者さんの「こういうレースは“勝つべくした騎手が勝つ”」という言葉が心に残った結果は、1戦目がローレルロケッツ,加藤聡一騎手(名古屋)、2戦目はバイザスコット,松木大地騎手(高知)が勝利を掴みとりました。

 

見事地元での期待に応える形となった加藤聡一騎手
「速くなるだろうなとは思っていましたが予想より速くなって少し焦りながら乗っていました」と話すほど騎手戦らしいハイペースに勝ち馬はどちらも後方からの差し切り勝ち。「3,4コーナーでは半分諦めかけながら乗っていましたが上手くスペースが開いて馬も脚が溜まっていたので」とレースを振り返り、「地元で勝てたのが1番嬉しいですし名古屋の勝ち星にも入るので、貴重な1勝をあげられました。ファイナルラウンドへ向けてこのまま順調にいけたらと思います。」


このシリーズが始まってからの目標は一貫して「とにかくファイナルラウンドへ行く」こと。また目標が一歩、確実に近付きました。

 

 

 


次なる舞台は8/22(火)金沢競馬場。現在西日本地区堂々の1位につけている笠松の渡邊竜也騎手とともに乗り込みます。私も久々に金沢遠征を予定しています。まだ少し先にはなりますが‥コラム記事をお楽しみに!

 

また、勝利騎手インタビューで個人的に印象深かったのは松木大地騎手の「勝ってなお未熟さがわかるレースでした」という言葉。松木騎手含め今回名古屋に参戦された騎手はみな謙虚で、時には自分を冷静に客観的に見る目も持ち合わせていて純粋に応援し成長を見守りたくなるジョッキー達でした。松木騎手は最後に、「なかなか上手くいかない事もありましたが いい馬に乗せてもらえていいキッカケを掴めたかなと思うのでまたここから頑張っていきたいと思います。」


挑戦は まだまだ続きます。

 

 

 

本日の「東海クラウン」は‥58Kgながら、安定感はゴールドブラザー。今年は既に笠松4戦目で4連勝中。もともと差し馬で笠松の軽い馬場も合うのでしょう。1ヶ月振りの、無理がないローテーションも好感が持てます。サルバドールハクイが久々を叩いてどこまで調子が上がっているかも気になりますが‥不安点がない分 ここも一気に、笠松連勝街道を突っ走ってほしいところです。

 

 

6月15日 「大畑祭り」

昨年のカツゲキキトキトに続き今年もドリームズラインで東海ダービーを連覇、2,3着のサンタンパ、サザンオールスターもレース,調教で自身が跨る馬での決着に、レース後名古屋競馬で飛び交っていたのはこの言葉でした。

 

“大畑祭り”

 

主役の大畑雅章騎手は「去年は勝って当たり前と言われていた馬での勝利でしたが今年は自分の力でも持ってこれるように頑張りたいと思っていたので」と満面の笑みで、昨年とはまた違った勝利を噛み締めていました。

 

次走は高知優駿を視野に入れていましたが、どうやら見送る形のようで。

「これから全国狙えるような馬にじっくり育てて行きたい。それだけの馬だと思っています。」

レース毎に成長し調子が良くなっているのが感じられるドリームズライン。焦らずじっくり、これからの活躍に期待です。

 

 

 

 

高知への遠征プランをレース後すぐに話していたのは5着のマルヨアキト陣営。

「ペースが遅く不完全燃焼で終わってしまいましたがそれでも掲示板には来ているので力はあります。悔いが残りますね。」と肩を落としていた佐藤友則騎手。

駿蹄賞では後方から波乱を演出しましたが変わって今回は積極的な先行策に出ました。結果として「中団くらいで上手く脚をためるのがベスト」だということ。今レースから調教でも跨るようになり着実に理解を深めて来たコンビ、確かな手応えを持って高知優駿へ挑みます。

 

 

そして本日は笠松競馬 水無月シリーズ3日目。10R(16:45)にはヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド笠松で加藤聡一騎手が騎乗したルエールダルジャンが出走します。2着に好走するも「馬と喧嘩して忙しくなった分がなければ最後まで持っていたかもしれません」と悔やむ様子を見せていました。主戦の筒井騎手との話では「ハナに立てたら1番良い」のだそうで、今回のメンバーならスムーズにいけるのではないでしょうか。1400m戦で再度、積極的な騎乗が見られれば。

 

 

6月8日 「ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド名古屋」

本日は名古屋競馬場にて『ヤングジョッキーズシリーズトライアルラウンド』が開催されます。東海ダービーの余韻に浸りつつ‥本日も盛り上がって参りましょう!

 

全く展開予想のしようがない難しいジョッキー戦は応援しているジョッキー,気になるジョッキーから買ってみても面白いのではないでしょうか。

となれば気になるのは地元・名古屋から参戦する加藤聡一騎手。初戦の笠松ラウンドから今回の意気込みまでを伺ってきました。

 

― 笠松ラウンドを振り返って

1戦目は‥テンは速かったですがいけなかったですね。そのまま終わってしまいました。厳しかったです。2戦目は、逃げた方がいいとは聞いていて主戦の筒井騎手とも「いけたら1番いいね」と話していました。そしたらスタートも良くポンと行くことが出来ました。ただその後、2コーナーまでケンカして忙しくなってしまったのが残念でした。それがなければ残っていたかもしれません‥。

 

― 現在、西日本地区で3位につけています

2戦目のおかげで何とか‥首を繋ぎとめてるなという印象です。

 

― 名古屋ラウンドでの乗り馬を知って

メイショウウララカの方は1度騎乗したことがある馬ですし攻め馬も乗っているので乗り方はわかっているかと思います。ローレルロケッツは聞いた話だとなかなかズブい馬のようですね。丹羽さんが主戦で乗っていて2着に2回来ているので、その時のレースを見直し同じような騎乗が出来るように頑張ります。

 

― 意気込みをお願いします

地元戦になりますしあえて、普通のレースだと思って気負わずに乗っていけたら。人は読めないので、自分の馬にとって1番いい乗り方をしたいです。落ち着いて気負わずに乗れば自ずと結果はついてくるのではないでしょうか。

 

加藤聡一騎手には第7R終了後ウィナーズサークルにて行われる出場騎手紹介セレモニーでも私がインタビューさせていただきます。場内にお越しの方はぜひ直前の、出場ジョッキーの生の声をお楽しみ下さい。ちなみにもう1人のインタビュアーはホースコラボレーターの細江純子さん。またご一緒出来る事を光栄に思います。第5R終了後の予想トークショーの方も是非とも、覗きにきて頂けたら嬉しいです。

 

 

6月6日 「東海ダービー」

6/6(火)、東海ダービー当日がやってきました。メモリーミラクルが回避したことで逃げ馬不在の混戦となり、何が逃げるのかも注目どころ。前開催の笠松でも可能な限り取材に奔走しましたが、今年はどの陣営も虎視眈々と頂点を狙っているのが感じられました。私はいつものYouTubeLIVE配信に加え「楽天競馬“ポッ”イントもらっちゃおう大使」である津田麻莉奈さんと場内特設ステージにて第8レース終了後に競馬予想トークショーもやらせていただきます。取材情報や予想はそちらで詳しくお伝え出来たらと思っていますがこの記事では、東海ダービーでも有力どころになってくるであろう笠松のアペリラルビーについて鞍上の向山騎手に迫りました!

 

コンビを組むようになってからは重賞を2着→4着→1着と終いには必ずいい脚を使い結果を残してきています。順番にレースを振り返っていただきました。

 

― まずは初コンビとなった東海クイーンC(5人気2着)から

追い切りもやっていなくてレースで初めて乗りましたが乗りやすくていい馬だと思いました。 スタート良くてもいきたくないような感じだったので後ろからじっくりいく形をとりましたね。

 

― 次の駿蹄賞(8人気4着)は

あれは悔いが残りましたね‥。もっと早めに動いていたら結果は違っていたと思います。僕の失敗でした、根性決めて思い切って乗るべきでした。

 

― 前走の園田重賞のじぎく賞で重賞ホースとなりました

スタートで邪魔されましたがそれ以外は良かったです。直線は外に出して、多分届くんじゃないかなと思いながら乗っていました。タッチスプリントと一緒にいく形になりましたが向こうが先に抜け出してくれたのが良かった気がしますね。

 

そしてもちろん、気になる東海ダービーについても。

 

― ダービーに向けて

前々走の雪辱を果たせるように頑張ります!距離は長くてもこなせますが本当は1600くらいがいいのではないでしょうか。ただ折り合いに心配がない馬なので。位置も特に気にせず出たなりでいく予定です。攻め馬は乗っていませんが元気だと聞いています。前走からの回復も早かったみたいですよ。

 

― 相手だと思う馬は

やっぱり一度負けているドリームズラインでしょうか。あとは、対戦していない相手も多いので連勝して勢いのある馬に気をつけて乗っていきたいと思います。

 

最後に意気込みをと伺うと再度「頑張ります!!」と力強く。

地元での初重賞制覇となるのでしょうか。

たくさんのホースマンの夢が詰まるダービー、発走は16時15分です。

 

 

 6月2日 「笠松期待馬  ベルボーム」

笠松競馬清流シリーズ最終日、現在4連勝中,順調に連勝街道を突き進んでいるベルボーム9レース(15:35)に出走します。今年に入って急に強くなった印象も見受けられる当馬、気になる質問は主戦の山下騎手へ。

まず「ベルボームについての取材です」と伺うと開口一番「ああ!厩務員は重賞を狙っているみたいですよ!」と楽しみな言葉が飛び出してきました。

「手(担当)が変わっていい方向に動いたようですね。急に走る馬になりました。そのタイミングでたまたま自分も乗せてもらうようになって‥という感じです」
“人”が変わっていいサイクルに入ったとのこと。

― 1600mで3連勝した後、前走は1400m戦で突き放しました。
「 距離は関係ないみたいですね。前走は1400になってダメかなと思っていたら余計伸びたくらいで‥すごく調子がいいみたいです」

― ずばり この馬の強みは
「若いときからテンは本当に速くて引っかからない、素直で乗りやすい馬でした。スタート速いのは地方では大きな強みだと思います。道中もちょっと指示を出せばすぐに反応してグングン伸びてくれます。まさかこんなに化けるとは思ってもなかったですけどね。。力は大分つけているでしょう。」

鞍上も驚きの急成長。
 

― あえて課題を挙げるとすれば??
「ちょっと気が悪い部分はあります。息を入れるときに緩めすぎるとそのまま緩んでしまったり‥。でも前まであった、直線1頭になると止めてしまうのは最近なくなりましたね。」
 

― 精神面での成長も加味してか、逃げのみならず近走は2、3番手からでも結果を残しています。
「 逃げようと思えば逃げられるんですがあえていかないようにしています。逃げて攻められるとどうかなと。前に馬を置けるときは意識して置く形をとっています。ただ抑えるとなるとまた気の悪い面が出てきてしまう不安もありますしね、せっかくいい脚があるので行ける限りこれからも同じスタイルでやっていくつもりです。」
 

― 本日のレースはいかがでしょうか。
「攻め馬は担当厩務員さんが乗ってくれているのでわかりませんが状態は変わらずいいと聞いています。同じようなメンバーですし、楽に勝ちたいですね。」

山下騎手とのコンビはまだ馬券内を外しておらず、相性も抜群。
「手が‥合うんやろうなあ~。そう信じたいです!」とドヤ顔で(笑)
近い将来、重賞でこのコンビが見られる日を心待ちにしましょう!

 

 

 

 

 

  

 

  神田舞(かんだ・まい)

愛知県出身の競馬タレント 1993年12月25日生

芸能プロダクション「みらいくーる」所属