• トップ > 特集記事 > 神田舞のまいまいノート > 2017年

  

【告知】

 当コラムや競馬イベント等で活躍中の競馬タレント・神田舞さんが名古屋競馬場正門横専門紙売場にて「競馬エース」販売を行います。ぜひこの機会に遊びに来てください!

 日時:3月2日(木) 10:00~15:00頃

 場所:名古屋競馬場正門横専門紙売り場

 

 ※本人からのコメント「みなさんこんにちわ。3月2日に私神田舞が競馬エースさんの売り場に立って販売のお手伝いをさせていただきます。みなさんぜひこの機会に遊びに来てください!お待ちしてます♪」 

 

 

2月27日

2/22に高知競馬場で行われた“レディスヴィクトリーラウンド”の最終ラウンド。

ポイントは僅差で最後まで縺れましたが、最終戦を10番人気馬で見事勝利した別府真衣騎手が総合優勝を果たし、2位、3位には名古屋の木之前葵騎手,宮下瞳騎手が続きました。

 

  

 

レディス戦を終えた感想を木之前騎手に伺うと―

「 最終ラウンドを迎えた時点で首位とは18点差だったのでそこから何とか2位まで来れて嬉しい気持ちと、勝てなかった悔しい気持ちが混ざっています。2戦目はとにかく瑠衣ちゃんが心配で‥。ちょうど真横にいたので自分の馬の脚が当たっていないか怖かったです。怪我だけは本当に嫌なので‥。なのでとりあえずは、みんな怪我なく終えられた事が一番だと思います。佐賀では岩永さんが来てくれて色々思うところもありましたし“元気に馬に乗りたい”と改めて思いましたね。」

 

― 名古屋にはもう一人,宮下瞳騎手もいますが女性騎手に関して思うところは

「 瞳さんに対しては“負けないように頑張ろう”という気持ちが大きいです。学校にいる頃は教官に怒られ続けて馬に持っていかれる毎日ですごくつらかったですが 今はやっと手の内に入ったとか馬が動いた感覚がわかるようになって楽しいなと思える事が増えました。女性騎手が増えると自分も嬉しいですし体力が難しいけど楽しさを体験してほしいなって思います。」

 

当日は私もお邪魔していた高知競馬場ですが どんどん強くなる雨風に停電するアクシデントもあった中 関係者の皆さんはまずは無事に終えられてホッとしている事でしょう。

 

お疲れ様でした!

 

競馬終わりにはLVRに出場した騎手含めた女性だけの打ち上げが行われましたがお話聞いているとお互いをリスペクトしていて場所は違えど刺激し合い本当に素敵な関係だと感じました。それぞれのこれからの活躍も楽しみですね(^^)

  

本日は名古屋競馬 「 スプリングカップシリーズ」の初日です。8R(15:05)に出走するボスキャットグレイは成績の良いマイル戦で改めて。前走は掛かるような場面がありながらも何とか馬券内は死守。不安要素を抱える馬が多いメンバーで、また外枠を取れましたし綺麗な芦毛が駆け抜ける姿を期待したいと思います。

 

 

2月24日

2/10に地方競馬通算500勝を達成した後藤正義調教師のセレモニー取材とインタビューに伺って来ました。

 

― 500勝達成と初重賞制覇(1/26,ゴールドジュニア、セレニティフレア)のWセレモニーとなりました

厩舎のみんなが頑張ってやってくれているおかげで、自分はただ感謝するだけです。数字は特に気にしていなくて気づいたら500勝を達成していたという感じですね。

 

― ゴールドジュニアを振り返って

出遅れて半ば諦めて見ていました。直線は力が入りました。次は2/28の名古屋重賞スプリングカップを使います。変わりなく元気一杯ですのでここも楽しみにしていて下さい。どんな競馬でも出来る馬なので名古屋の馬場が合うかどうかだけだと思います。前回は出遅れただけなので、スタートが決まれば前に出していきます。

 

― 普段はどんな馬ですか?

普段は大人しいですが調教になると元気に暴れまわっています。500勝目となったメガホワイティもやっと調子が戻ってきて、いい感じですね。

 

― 今年、そして今後の目標は

年間100勝したいですね。今後は信頼してもらえるような厩舎にしていくのが一番だと思います。

 

― 管理する上で大切にしていることは

体調を見極めることです。どんな事でも気がつけるように、慎重に見て判断します。

 

― 最後にファンの皆さんへ

もっともっと上を目指して頑張りますのでぜひ競馬場に足を運んで応援して下さい。よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。

自己最多となった昨年の98勝を越える年間100勝期待しています。おめでとうございます!

 

 

 

 

本日は笠松競馬 梅花シリーズ最終日。東海クラウン(11R,16:40)には名古屋から満を持して久々の笠松参戦ゴールドブラザー。パワーがある馬で名古屋の方が合う気もしますが実績上位で再び戸部騎手を背に注目したいと思います。

 

 

2月22日

2/17(金)に行われた名古屋競馬の重賞「梅見月杯」は2着のコスモナーダムに前走ちぎられた雪辱を果たし、アサクサポイントが見事勝利。出脚がつかない馬で中団から後方のレースが続いていましたが、直前に大畑騎手に伺ったところ「今回は中団より前につけていくつもり。それであの脚が使えるかどうかだと思います」。 宣言通り出鞭を入れ逃げるヴェリテを見ながら2番手の位置でそのまま直線も脚は衰えず快勝。レース後は「作戦大成功って感じですね」と鞍上もご満悦の様子でした。今後が益々楽しみになる走りでした。おめでとうございます!

 

 

 

 

人気馬による決着ではありましたが、人気が割れていたのと3着に名古屋競馬のヴェリテが逃げ残ってくれたおかげで まずまずの配当がつきました。久々に名古屋重賞を獲れた気がします‥。当日配信したYouTubeLIVEでは機材の不具合により1回目は音声が入っておらず2回目はそもそも映像が上手く映らず15分弱の配信となってしまいました。大変申し訳ありませんでした。機械音痴の私には全くわかりませんがいつもスタッフさんが機材と悪戦苦闘して配信してくれています。懲りずにまた28日のスプリングカップで、覗きに来て頂けたら嬉しいです。よろしくお願いしますm(._.)m

 

本日は笠松競馬 梅花シリーズ 3日目。

私の注目は8レース(15:30)です。コパノサムタイムは逃げ馬の宿命かマークされて最後捕らえられるレースが続くものの成績は安定して、いい状態をキープ出来ています。久しぶりの内枠が気になるところですが 19日にJRAで人気薄馬を馬券内に持って来た筒井騎手を背にスムーズに先行出来れば。

後は実力馬ミッキーピオーネが笠松3戦目で‥そろそろ。近2走をみていると出脚がつかず鞍上が押しても中々位置を取りに行くのは難しいようで、展開次第にはなってきそうですが最後はきっちり迫ってきている脚に期待して。

 

そして本日、実は私は高知競馬場に来ています。

レディスヴィクトリーラウンド最終戦に呼んでいただき、高知での初イベント出演となります(;_;)  名古屋から参戦する2人の女性騎手への紹介インタビューや、予想会を井上オークスさん,ふじポンさんと一緒にやらせていただきます。笠松の馬券も買いつつ、LVRの予想も頑張りますので ぜひ暖かく見守って頂けたらと思います!(イベント詳細はこちら)

 

 

2月15日

名古屋競馬 梅見月杯シリーズ3日目。今開催は最終日に重賞レース「梅見月杯」が行われます。古馬による北陸・東海・近畿所属馬の交流戦。名古屋のダート1900mという難しい距離も影響してか地元馬、地元騎手の勝利が多いイメージのレースです。大きいレースだったり、難しい距離やコースになればなるほど馬の力だけでなく騎手の手腕が問われます。最近とある競馬関係者さんとのお話で印象に残っているのが「 勝って嬉しいジョッキーより負けて納得できるジョッキーを乗せたい 」という言葉です。レースで使って負けた場合、通常「こっちで使っていたらどうだったかな」等色々考えるそうですが「この騎手で負けたなら仕方がない!」と思えるジョッキーが一番だと。ぜひとも知り尽くした地元で、名古屋の騎手にはそんなレースを見せて頂きたいと思います(^O^)

 

当日はYouTubeLIVE配信と表彰式のお手伝いをやらせていただきます。また取材にて、少しでも馬券に役立つ情報をお届け出来たらと思います!個人的に最近の“難関重賞”、全然良いところを見せられていませんのでより一層気合いを入れて頑張りますm(._.)m  よろしくお願いします!

 

本日のメインレースは「クロッカス特別」(10R,16:05)。馬券を買う上で、キービスケットの前走は気になるのではないでしょうか。戸部騎手にお話を伺ったところ「ペースが流れて時計勝負になってくれないといけない馬で、緩い流れだと前走のようになってしまいます。実力としてはやれるはずですが、脚質的に自分から展開を作りに行けないので早い流れになることを願うしかないですね。」状態は変わらないようですので、本当に展開次第となりそうです。

ブランニューは人気同等かそれ以上の走りを見せてくれる有難い馬でA級でも相手なりに力を発揮してくれています。実力はあるも信用するには怖い馬が多い中 安定感のある当馬に今回も頑張ってもらいたいところです。

 

 

2月14日

2/10(金)に笠松での期間限定騎乗を終えた菅原辰徳騎手(水沢競馬所属)にインタビューさせていただきました。

 

― 笠松コースについて

馬場がすごく綺麗で乗りやすい競馬場です。前が有利でテンの争いも激しく、なかなかいいポジションを取るのが難しかったですがその分色々と勉強になりました。

 

― 騎乗で意識した点は

いかに強い馬の後ろにつけるか、良いポジションをとれるかを意識しながら乗るようにしていました。

 

― 普段の生活は

今回は自分の車を持ってきたので普段の生活でそんなに不便な点はなかったですね。笠松の騎手のみなさんは朝早くから一生懸命頑張っていて自分も攻め馬たくさん乗ろうと思いました。

 

― お世話になったジョッキーは

森島は同期なので色々助けられました。後は佐藤友則騎手にもお世話になりました。

 

― 笠松の馬は

特に悪さする事もなかったですし大人しい馬が多い印象でした。

 

― 最後のレースを勝利で締めくくりました

馬が強くて勝つことが出来ました。厩務員さんが仕上げてくれた結果です。

 

― 名古屋競馬については

今回は遠征出来なくて残念でした。名古屋も馬場が綺麗な印象があります。行った事がないので特にイメージも湧かなくて‥乗りに行きたいですね。

 

― 最後に今後の目標と、東海地区のファンに一言!

勝ち鞍をもっともっと増やして上のポジションにいきたいです。笠松でもまた機会があればお世話になりたいと思っているので、その時は嫌がらずに温かく迎えて下さい(笑)

 

お疲れ様でした!

また笠松、そして名古屋競馬でもお待ちしてます。

 

 

本日は名古屋競馬 梅見月杯シリーズ2日目。注目は8レース。実績上位トーホウハンターは前走の競走中止からおよそ2ヶ月ぶりのレースとなります。鞍上の宮下瞳騎手にお話しを伺うと「う~ん、まだ少し動きが重たいです。1400なら良かったですが1600なので、微妙かなと‥」。もちろん力で押し切る可能性もありますが人気するでしょうし信頼するには怖い存在かもしれないです。ロイヤルパレードは笠松を使わずここに狙いを定めて来たようで状態は上向き。ゲート出が悪いところがあるのでその点は心配ですが近走は安定して好走出来ていますし引き続き大崩れはしないのではないでしょうか。8レースは本日14:55発走です!

 

 

2月10日

2/7(火)に佐賀競馬場で開催された佐賀記念(10R,16:40)。名古屋競馬からカツゲキキトキトが参戦しました。前日の笠松競馬騎乗後、鞍上の大畑騎手に伺ったところ「JRAの馬を見て4、5番手くらいで進めると思います」との事でしたので道中の位置取りはイメージ通りだったのではないでしょうか。ただスタートがそんなに良い方ではないキトキトの予想外??の好発で、抑えた時に少し掛かるような場面はありましたが‥結果は4着。

長距離輸送や初コースを考えると“力は出し切った”“いいレースだった”、あるいは名古屋グランプリの実績と前年の勝ち馬ストロングサウザーに先着していた事から“残念”“馬券内は堅いと思っていた”など様々な意見をレース後多く耳にしました。もちろんどれが正しいということはなく、私は今回カツゲキキトキトへの注目度の高さに改めて驚かされました。レース前には名の知れた予想家やライターが本命にしていたり、もう地元のみならず『地方競馬の星』になっているんだなあと。距離や場所に関係なくいつも一生懸命走ってくれて 普段はジョッキーが手に負えない程 暴れん坊の当馬から今後も目が離せませんね。お疲れ様でした??

 

本日は笠松競馬 如月シリーズ最終日。

注目馬は4Rに出走するチェダー。前走は「今後に向けて初めて砂を被る競馬を試して見るので‥どうなんでしょう。」との事でしたがメンバー強化の中あわやハードルソングを交わすかという3着でした。距離もベストの1400mで前走の収穫から最内も問題なし。期待したいと思います。発走は13時10分です!

 

 

2月8日

2月2日、都内にて開催された『NARグランプリ 2016』の表彰式。今年は名古屋競馬より“2歳最優秀牝馬”にピンクドッグウッド(川西厩舎)、“3歳最優秀牡馬”にカツゲキキトキト(錦見厩舎)、そして“最優秀勝率調教師賞”に川西毅調教師、“優秀新人騎手賞”に加藤聡一騎手、“優秀女性騎手賞”に木之前葵騎手、“特別賞”に宮下瞳騎手が選出されました。

 

 

受賞者のみなさん 葵ちゃんは今年も艶やかな着物姿で・・ (写真提供:小川慎介さん)
 

記者会見にて―

 

川西毅調教師

「今後の目標はまたピンクドッグウッドのような馬を出す事です。南関東で勝ちたいですね。今現在 通用しそうな馬はいませんので また新たな気持ちで頑張っていきたいと思います。今年の最優秀勝率調教師? どうでしょう。僕ではないと思います(笑)2年連続というのは今までなかったので。」

当日名古屋競馬で9Rまで騎乗があり会見に間に合わなかった愛弟子、加藤聡一騎手については

「 良いところは性格が勝ち気で積極的。まだちょっと焦るところがあり頭の中がくしゃくしゃとしてしまう時もありますが、だんだんと追えるようにもなってきていますので今年は彼の追い込みに注目してほしいです。」

ピンクドッグウッドと加藤聡一騎手の活躍、どちらが嬉しいかと聞かれ迷わず「南関東での勝利です(笑)」と、ユーモアを交えながらの会見でした!

 

続いて木之前葵騎手

― 一昨年の年間65勝を上回り70勝をしての2年連続受賞となりました。

「 前の年の勝ち星を超えられた事は素直に嬉しいです。昨年はカツゲキキトキトで重賞初制覇も出来ました。馬の能力が抜けていたとはいえやはり重賞ということですごく緊張したので勝てて本当に良かったです。」

― 今年も元日から重賞を制覇し、園田でも勝ちました。

「 今年は幸先のいいスタートを切れたと思いますがまだまだ先輩に怒られながら乗っているので 普段から完璧なレースを心掛けて 綺麗に乗れるようになりたいです。ずっと馬に乗るので私生活でも姿勢に気をつけて、真っ直ぐ座るようにしています。あとはトレーナーをつけてしっかり筋トレもやっています。インナーマッスルを鍛えていきたいです! 」

― レディスヴィクトリーラウンドについては

「現状は5位ということですが高知ラウンドはポイントが2倍のようなので巻き返しは十分可能かと思っています。頑張ります。まゆゆ(水沢競馬の鈴木麻優騎手)よりは上にいきたいです(笑)!」


最後に宮下瞳騎手

― 結婚、出産を経て昨年現役復帰されました。

「 この場にいられることが本当に嬉しいです。出産後は筋肉が脂肪になってしまっていたのでランニングや水泳で筋肉に戻し、体重も減量しました。久々の初戦は気持ちよかったですね!しんどいというのは全然なかったです。」

― そして復帰後初勝利の瞬間は

「 復帰して良かったと心から思いました。息子たちに勝つところを見せられて嬉しかったです。大きな声で『おめでとー!』と言ってくれました。復帰後から今までは満足以上の結果です。いい馬に乗せてもらえて感謝しています。ただ取りこぼしも多いので、何とか今年中に700勝を達成出来たらと思っています。」

― 同じくレディスヴィクトリーラウンドについては

「 ちょうど真ん中あたりにつけているので、高知ラウンドでは優勝目指して頑張ります。最年長の意地を見せたいですね。高知の別府真衣騎手には歴代勝利数も迫られていますし普段から意識しています。」

 

2/22(木)に高知競馬場で開催されるレディスヴィクトリーラウンド最終ラウンドではまた遠征取材に伺えるかも?しれませんのでまた記事を楽しみにしていて下さい(^^)

 

 

当日の騎乗を終えて駆け付けた加藤聡一騎手は祝賀会からの参加となりました
 

本日の最終11レースは3歳馬による「スイートピー特別」(11R,16:40)。今回こそ‥グレイトデピュティは力を示したいところ。前走のゴールドジュニアは重賞の流れに一旦置かれかけ、最後は盛り返すも4着まででした。縦長の展開になり包まれる事はなかったものの出脚もそんなにつかず最内はやはりやりづらかったかと。今回は外枠を引きましたし相手関係的にも、笠松期待馬の強いレースが見たいですね。

密かに期待したいのはレッドレイジング。近走はマイル戦が続いていましたが本来1400mがベストの馬。差す競馬を試すもあまり結果に繋がらず、今回は前につけるとの事で。笹野調教師は「元々1400ではいい時計を持っていますし何とかここでJRAの権利を取りたいですね。」穴で狙うなら面白い存在になると思います! 

 

 

2月3日

名古屋競馬の重賞「 梅桜賞 」を制したのは 金沢から参戦したヤマミダンスでした。2着、3着には兵庫のスターレーン、スダチチャンが続き馬券内は遠征馬が独占する結果に。逃げて結果を残してきたメモリーミラクルは今回控える競馬をするとの事でしたので枠にも恵まれたヤマミダンスの逃げが濃厚かと思いきや、ゲートが開き押して出て行ったのは山田騎手騎乗のデッラサルーテ。ヤマミダンスは番手につけ、抑えきれないようにメモリーミラクルが3番手につける形となりました。ヤマミダンスは逃げられなかったものの前走とは違い揉まれずにレースが出来たのと 、デッラサルーテは1600m戦の新春ペガサスカップにて既に距離が長いと川西調教師がお話しされていた馬で メモリーミラクルも完全に短いところ向きの馬体をしている馬。距離不安の両馬が下がり早めに単独先頭に立てたのも良かったと思います。前走から更に減った馬体重や精神的ダメージという不安を払拭した見事な走りでした。おめでとうございます!

 

 

 

 

 

地元勢最先着は前走重賞勝ちのクインザドリーム(4着)。400㎏ない小さい体を更に減らしての出走となりましたが 終いの脚は健在で。内で我慢し最後にもうひと伸びしたスダチチャンを交わすことは出来ずも名古屋競馬組で唯一の掲示板となりました。距離も問題なく、お母さんに似て根性がある馬だそうです。カツゲキマドンナは直前に錦見先生に伺ったところ、「遠征の疲れもなく順調で今回も期待しています。1400がベストだとは思いますが距離もこなせるんじゃないでしょうか。中間に虫が出たのでその点だけ気になりますが馬は元気ですよ。」とのお話でした。また次走に注目ですね。

 

 

本日、名古屋競馬 梅桜賞シリーズ最終日のメインレースは「 ムーンストーンオープン 」(10R,16:05)ゴールドブラザーは大畑騎手と初コンビを組みます。どちらかというとマイルの方がパフォーマンスが良いようで、人気はするでしょうがここも重い印を入れざるを得ないかと。今までコンビを組んでいた戸部騎手はキクノセントロに騎乗。安定感抜群の馬ですが尾張名古屋杯では重い印を打つも上位とは差のある4着でした。スムーズにいけないと脆さが出てくる馬のようなのでここはその辺りが鍵になってくるのではないでしょうか。

 

 

 

  

 

  神田舞(かんだ・まい)

愛知県出身の競馬タレント 1993年12月25日生

芸能プロダクション「みらいくーる」所属