• トップ > 特集記事 > 神田舞のまいまいノート > 2017年

        

1月31日

1/26(木)に笠松競馬場で行われた重賞「ゴールドジュニア」は東川騎手騎乗のセレニティフレアが移籍後3連勝で重賞制覇を成し遂げました。5番人気→9番人気→4番人気という大荒れ決着でした(^_^;)

逃げ馬セイプレジールが出遅れ 予想に反しチェリーシャクナゲが逃げる展開となりましたが 、セイプレジールが道中仕掛け直した事でレースが流れ、差し,追い込みが決まりやすくなったようです。

 

レース後の東川騎手へのインタビューです。

「 中団くらいにはつけるつもりでいましたが出遅れて、仕方ないのでゆっくりいこうと。隣りの園田の馬(セイプレジール)も出遅れて、意外な展開になりましたね。道中はなるべく内、内を通ろうと意識していました。馬群が千切れていたのでいい感じに捌けました。長くいい脚を使ってくれましたね。最後はふわふわしていましたが長い脚を使っている分かと思います。折り合いはどれだけでもつきますしもっともっと走れる馬です。」

 

 

 

 

管理する後藤調教師によると 距離は長いほうが良いそうで、最初は本日行われる名古屋競馬の重賞 「 梅桜賞 」(10R,15:45)で使うつもりだったとのこと。

回避した理由は ヤマミダンス が出走するからだそうで‥(^_^;)

笠松重賞「ラブミーチャン記念」での鮮やかな逃げ切り勝ちは記憶に新しく 今回も地元勢にとって手強い存在となりそうです。

 

 

本日はYouTubeLIVE『まいまい予想』にて最終的な印等、発表したいと思いますのでぜひ覗きにきて頂けたらと思います。

13:15~13:45、14:45~15:15の2部配信です。

『金シャチけいば情報』で検索お願いします。

「梅桜賞」の表彰式もお手伝いさせて頂きます。名古屋競馬場でお待ちしてます(^O^)!

 

 

1月27日

前記事にて「園田クイーンセレクション」を勝利したカツゲキマドンナについて掲載しましたが 笠松開催という事で、笠松遠征馬の情報を少し。

 

笠松最先着はクマリでした。道中は最後方からの競馬となりましたが直線では上手く内を捌いていき6着まで上がりました。「直線はなんとか前の2頭は交わしてやろうという気持ちで乗りました。掲示板に載れたら良かったですが‥難しかったですね。距離はもう少し長いところを使ってもいいかもしれないです」。笠松最先着という結果に笹野調教師は「今回はジョッキーが上手く乗ってくれました」。厩務員さんも大喜びだったそうです!

 

尾島厩舎から参戦した2頭、オパールノユメカサマツブライトは9着,11着という結果に。オパールノユメについては元から実力はあるも乗り難しい馬だという話でしたが今回も口向きの悪さが出てしまいました。「 すごく繊細で敏感な馬で、ゲートからずっとチャカチャカしていましたね。右にササる面が中々解消されず、難しいです。賞金次第にはなりますが次は名古屋で使うかもしれないです。」

カサマツブライトについては「 馬場が重たいときついです。時計がかからない方がいい馬で、今回は厳しいかと思っていました。次はJRAの芝レースで使う予定です。走って見ないとわからないですが血統的には芝向きなのかと‥。」

 

本日は笠松競馬 睦月シリーズ最終日。メインレースは「東海クラウン」(10R,16:10)です。最内に入ったヴェリテ(写真)は本来の脚質的にはマイナスなはずですが前走の重賞名古屋記念の走りで幅が出ました。当日のパドック気配も良く今の状態の良さが伺えたレースでした。当レースに向けて柿原騎手にお話を伺うと「 前々走からチークをつけるようになってその効果か最後まで集中して走ってくれるようになりました。それまでは控えたら全然でしたが前走では差す競馬も出来ました。正直、前走は逃げられないのはわかっていたので良いところないかもしれないなと思っていたんですが‥。今回はサンマルバクシンの出方次第にもなりますが逃げるつもりです。名古屋と比べると笠松の方が走りが悪いのでその点は心配ですけど勝てると思わないと使わないですよ! 」

 

調子も変わらずいいようで、ここも引き続き注目です。

 

 

 

 

1月26日

1/19(木)に園田競馬場で行われた重賞「園田クイーンセレクション 」。名古屋、笠松から5頭が参戦し私も取材に行ってきました!

行きの新幹線が沿線火災で止まり、さらに園田行きの電車も人身事故の影響で遅延。大出遅れを喫し競馬場に着いた時には既にへろへろだった私ですが‥勝ったのは我らが名古屋競馬のカツゲキマドンナ木之前葵騎手!! もちろん疲れも一気に吹き飛び、本当に行けて良かったです!

 

木之前騎手へのレース後インタビュー。

「 3、4コーナーでちょっと置かれて馬がヤル気をなくしかけてしまい‥危なかったです。よく頑張ってくれました。まだトモがしっかりしていなくてやめちゃう面もあるんですが今回はイヤイヤするのを矯正出来たのが大きかったと思います。今までは攻め馬で乗っていなかったのを乗るようになってからコツをつかみ、いけるなと。距離は1400の方がいいような気がします。普段は煩い馬ですよ、キトキトみたいに私では手に負えなくなったらどうしよう、、、でも この馬は大畑さんより多分私の方が相性良いと思いますよ!!(笑) 」

 

錦見調教師からは

「 3番手くらいに上がれたのでひょっとしたらと思っていました。最後 ちょうど代われて 、良かったですね。幸せだと思いますよ。前走は内に入って引っかかってミスった事が敗因で 今回はスムーズにいけるならそれなりの競馬は出来るだろうと。スターレーンは強いと聞いていたがそれ以外の馬とは力差はなくやれるはず。まさか勝つとは正直思ってなかったけどね(笑) 今後は今のところ地元の牝馬レースで重点的に使っていくつもりです。 」

 

当日のレース後は名古屋競馬場も大盛り上がりだったようで。

おめでとうございます(^O^)

 

 

 

 

 

本日は笠松競馬場にて3歳牡牝オープン 重賞「 ゴールドジュニア 」(10R,15:35)が行われます。山田騎手騎乗のセイプレジールは前走園田で逃げ切り勝ちを収めての参戦となりますが、砂を被ると全くダメな馬のようで今回はメンバー的にもペースは早くなりそう? グレイトデピュティは一戦毎に力をつけているのが感じられ現在3連勝中。外枠からすんなりのレースが多かった為 今回は最内から上手く馬群を捌けるかが鍵に。鞍上の島崎騎手も「逃げられそうなら行きたいですが はやい馬が揃ってますからね。馬群に入るかもしれないので内で包まれた時にどうなるか。走るようになってからはまだそういう競馬はしてないですからね‥。距離は問題ないですしはやい流れにも対応はしてくれると思いますよ。」

 

イスタナはもちろん人気するでしょうし堅実に走りそうですが 馬券的に気になるのはフリーゴーイングの巻き返し?

「 前走は進んでいかなかったですね。無理に出していくつもりはなかったんですが思ったよりも動かなかったです。調子自体は前走より良さそうですが持ち時計も平凡ですし何とも言えないです。前日にちょっと、考えて工夫します!(^^)」と木之前騎手。

 

個人的に気になるのはチェリーシャクナゲ

今開催の傾向を見ているとある程度の位置取りをとりにいける馬がいいのかと。岡部騎手はその辺り踏まえて乗ってくれるでしょうし展開も向きそう。あとは前走かなり入れ込んでいたので当日の落ち着きには注目したいと思います!

 

 

1月20日

1月17日に行われた重賞「新春ペガサスカップ」は8番人気、戸部騎手騎乗のクインザドリーム(写真)が勝利。1日を通して前残り傾向が強い中 メモリーミラクルが早目に抜け出し“勝ちパターン”かと思いきや…最後にクインザドリームが一気に末脚を爆発させ、それにドリームズラインが続く結果となりました。私が期待も込めて本命にしていたサザンオールスターは先行し道中はいい感じにレースを進めるも直線は脚が鈍り6着。鞍上の吉井騎手によると「ちょっとペースが流れたね。認定の時の方が馬は子供だったけど出来は良かったかも知れないです」。

気になる次走は…1月28日のJRA中京開催で使うとのこと。引き続き吉井騎手での参戦です。応援しましょう!!

 

 

 

そして今回は、1月19日でデビュー9ヶ月を迎えた名古屋競馬所属の加藤聡一騎手にインタビューしてきました。

 

― デビューから今までを振り返って

あっという間でした。やっぱり初騎乗で勝てた事が1番嬉しかったですね。なかなか出来ないことだと思いますし、いい馬に乗せてもらって展開にも恵まれて…馬を用意してくれた先生に感謝しています。夢見た職場で好きなことをやれてるのは本当に幸せだと思います。もちろん想像していたより全部が大変で、馬を追うのも手応えはあるのに動かなかったりと乗ってみたら難しいことだらけですが馬に乗るのが好きなので、楽しいですね。

 

― 印象に残っている.または思い入れのある馬は

自厩舎の馬を挙げたらキリがないですが、原口厩舎のアスタースカイ。もともと脚元良くなかったのを自分が1回下手乗りしてしまってから更に悪化し…厩舎の皆さんに何とか立て直してもらって次のレースで勝つことが出来ましたがレース後一気に歩様が悪くなりそのまま引退となりました。実習生からずっと乗せてもらっていた馬だったので思い入れは強かったです。

 

― デビューから前半は“逃げ”のイメージが強かったですが後半は差す競馬も増えてきましたよね

バカバカ行ってましたね(笑)減量もありとりあえず行けば何とかなるんじゃないかと…(苦笑)なので取りこぼしも多かったです。控えていたらもっとやれたんじゃないかと思うレースはたくさんありました。今後は色んな競馬がやりたいです。先輩を差したりもしたいですね。1番は、馬に負担をかけない事だと思ってます。馬に余計な事をしずに乗りたいです。

 

― 日本プロスポーツ大賞新人賞にNARグランプリの優秀新人騎手賞も受賞しました

日本プロスポーツ大賞の授賞式では他競技の人とも話せて大分刺激になりました。プロ野球の大谷選手ともトレーニング方法を話したりして、年齢も1つ違いですしすごく参考になりましたよ。グランプリの表彰式もまだ未定ですが行けたら行きたいですね。

 

― 最後に今年の目標は

とりあえずは去年の勝ち星を超えられるように。上目指して頑張ります。100勝はあまり意識してないですが順調に積み重ねていけたらと思っています。あとは遠征もしたいですね。刺激になりますし園田にまた行きたいです。競馬場毎に全然違うでしょうし色んな競馬場に行ってチャレンジしていきたいです。

 

ありがとうございました。

 

私より2つ年下なんですが本当にしっかりした考えた方を持っていていつも驚かされます。向上心が強くて、立場は全然違っても見習う所が多いジョッキーです!

 

 

 

 

新春ペガサスカップシリーズ最終日のメインレースは「ガーネットオープン」(10R,16:05)。注目の名古屋3戦目となるアサクサポイント。中央準オープン勝ちの実績馬は前走東海ゴールドCを出遅れからの圧勝。初戦こそ1400mを使ったものの今津調教師によると「短いところを使ったりしても馬が戸惑うだけだし今後は中距離のレースに絞って使っていくつもり」と、この1800m戦に狙いを定めてきました。鞍上の大畑騎手に「今年はこの馬とカツゲキキトキトで全国を回りたい」と言わしめた期待馬。今後を見据えると…ここは負けられない?

 

 

1月17日

名古屋競馬 新春ペガサスカップシリーズ2日目。積雪の影響により日曜日の中京、京都開催が中止となりそれぞれ月曜日と火曜日に代替となりました。そして月曜日から開催予定だった名古屋競馬も初日は全レース中止という事に‥。

火曜日の本日は重賞レース「 新春ペガサスカップ 」(10R,16:10)が行われる名古屋競馬ですが重賞のJRA発売もなくなり売り上げ等含め非常に残念な上レースの読みも難しくなりそうな予感をひしひしと感じています(^^;)

今季最強の寒波にはかないませんが 雪をも溶かす“暑い”戦いになること間違いなし!のレースを見て一緒に盛り上がっていきましょう!

 

去年はカツゲキキトキトが4連勝で勢いそのまま制覇し木之前葵騎手を重賞初勝利へ導いたレース。木之前騎手はその後あっという間に重賞を4勝し去年に引き続き今年も『NARグランプリ 2016』の『優秀女性騎手賞』に選ばれました。2月2日に都内のホテルで行われるNARの表彰式には私も初めて出席させていただけるかもしれませんので その際はまたレポートをお楽しみに!

 

そして今年跨るのはまた3連勝中で勢いのある有力馬フリーゴーイング。初のマイル戦となった前走も難なくこなし距離も問題ないことを証明しました。今年の初重賞をカツゲキライデンで制覇し地方競馬通算200勝も達成した木之前騎手が明け3歳戦線の期待馬でどんなレースを見せてくれるのか,注目です。

 

 

 

 

本日は重賞が開催されるということで、私もYouTubeLIVE配信と表彰式プレゼンターをやらせていただきます。配信は 新春ペガサスカップを中心に13:15~13:45、14:45~15:15の2回にわたって30分ずつ。久しぶりの1人配信で多少緊張してますが‥馬券の参考になるように頑張りますので 寒さで競馬場に来るのを断念されたという方もぜひ! 暖かいところでゆっくりご覧になって頂けたらと思います。

「金シャチけいば情報」で検索を、よろしくお願いします。

 

 

1月12日

本日のメインレースは重賞『白銀争覇 』(10R,15:45)。サラブレッド系4歳以上の北陸・東海・近畿所属馬によって行われる別定戦です。距離はダート1400m。

 

今年は兵庫、金沢からそれぞれ2頭が参戦。

過去にはしばらく遠征馬の勝利が続いていましたが一昨年 名古屋のノゾミダイヤが地元から久しぶりに勝ち星を挙げ、それに続くように去年は名古屋のメモリージルバが勝利。8番人気という低評価でしたが後方から直線で脚を伸ばし人気馬達を一気に捕らえきる姿は爽快でした。これによりメモリージルバと藤原騎手は人馬共に重賞初制覇。年明けからドラマチックな幕開けとなりました。

 

そして去年は2着に名古屋のサイモンロードが逃げ粘り地元勢のワンツーフィニッシュだったのも印象的でした。 実績のある遠征馬に人気が集まりがちですが過去には地元勢の活躍も多く見られるレース。それにより 配当もそこそこ ついている気が‥。もちろん堅く決まっている年もありますが1頭は人気薄が来るイメージ?で。

 

連覇をかけたメモリージルバは去年からコンビを組んでいる友森騎手と今年は挑みます。年末に開催された東海ゴールドCでは出遅れて後方からとなり不完全燃焼のまま終わりました。年明け初戦、前走の走りを払拭するレースが見たいところです。

 

注目は‥金沢のバニスター。地方再転入した前走は激しい叩き合いになるもきっちり勝利を収めました。笠松では初出走となりますがスタートが早く前につけられる走りは合うでしょうし勢いのある5歳馬と瀧川寿希也騎手に期待。過去10年のデータより毎年当日の馬体重が500kg以上ある大型馬が1頭以上絡んでいる当レース。今年その条件をクリアしそうなのはバニスターとホッコージョイフル(とカロッサル?)くらい。ホッコージョイフルは実力馬ですが近走の走りを見る限りこの馬本来の走りは出来ていない様子。本調子ではないという声もちらほら耳にしますし割引が必要かと考えています。データの後押しもなるか‥楽しみです。

 

 

1月11日

2017年最初の笠松開催「 新春シリーズ 」が開催中です。

初日には有料席ご利用の方に先着で『笠松競馬所属騎手オリジナル年賀状』(写真)がプレゼントされ、さらに当日の未確定勝馬投票券の購入1,000円以上をご提示で『 笠松競馬所属騎手サイン入りゴーグル及びサイン色紙が当たるガラポン抽選会 』に参加する事が可能に。年賀状は今開催最終日にて期間限定騎乗を終了する水野翔騎手の姿も見られ ファンには堪らない1枚になっているかと。普段競馬場では中々見られない騎手の素顔が見れる素敵なファンサービスだと思います(^^)!

 

 

 

 

3日目となる本日のメインレースは「 福寿草特別 」(11R,16:20)。マイルはどうか?と思う馬が多い中 スズカレビンは目立った走りはないもののいつも堅実にまとめあげてきます。笠松での成績は(5-0-1-3)、馬券外となった3回は全て4着で人気以上の好走をしている笠松巧者です。去年の10月に6番人気で見事勝利した際には 鞍上の丸山騎手は相当自信があったようでレース後オッズを見て人気のなさに驚いたそうです。今回は実績のあるメンバーもいますが元日に続きここでもしれっと馬券に絡んでくれないかなあと淡い期待も込めて(^_^;)

 

“笠松巧者”といえば‥ナムラピピに騎乗する加藤聡一騎手。去年の笠松での成績は(5-1-1-2)と見事な成績を残しました。元日の名古屋競馬では「 日本プロスポーツ大賞 新人賞 受賞報告会 」が実施され 「受賞式ではJRAの戸崎圭太騎手に馬の乗り方などを教えてもらったのが1番の思い出です。騎乗に繋げられるようにしたいですね。」と初々しいお話が聞けた一方、去年の成績にはまだまだ満足していないようで 「 これからも日々努力し去年の勝ち星を超えられるように、そして100勝目指して頑張ります!」と力強い言葉も聞けました。今年も快進撃なるか‥注目です!

 

 

 

 

1月3日

大晦日、笠松競馬場で行われた重賞「 東海ゴールドカップ」はアサクサポイントが人気に応え見事勝利。出遅れて最後方からの競馬となりましたが向正面で捲っていき直線は2着のオグリタイムを3馬身突き放しました。

 

レース後大畑騎手は「 もともと出脚がつく方ではないので出遅れても落ち着いて対応できたと思います。内で詰まらなくて本当に良かったです。これからは中距離以上を中心的に使っていく感じになりそうです。2016年は150勝して、カツゲキキトキト含めいい馬に恵まれました。一番活躍出来た年だったと思います。来年(2017年)はこの馬とカツゲキキトキトで全国をまわりたいです!」

また1頭、名古屋に楽しみな馬が来てくれましたね(^^)

 

   

 

ちなみに私が期待していたメモリージルバは同じく出遅れて後方からとなり最後は追い上げるも4着まで。友森騎手は「 出遅れました。本当はもっと前につけるつもりでしたが‥仕方ないです。」と語るに止まりました。

中団後ろからの競馬をする予定で出遅れたアサクサポイントと中団前目にはつけたかったメモリージルバの差が出る結果となりましたね‥。しかしまだまだ衰え知らずの7歳馬。友森騎手とのコンビは新鮮でたくさん楽しませてもらえました。また今年の活躍に期待したいと思います。

 

 

さて、1月3日の本日もまたイベント盛り沢山です。お馴染み おみくじ馬券から、またよろしくお願いします(^^)?? 名古屋記念のランダム馬券を先着300名様に販売します。

私は、フィッシュ&チップスさんとの予想ステージ、YouTubeLIVE配信にも出演させていただきますので ぜひそちらの方もご注目していただけたらと思います。

 

 

 

 

メインレース「 名古屋記念 」(10R,15:40)にはずっと応援しているアカデミックドレスが出走します。対戦するのはカツゲキキトキト等で‥さすがに相手が強いですが応援馬が重賞に出走するだけでワクワクしますし嬉しいですよね。

実際の印は予想ステージ、そしてYouTubeLIVE配信にて ご確認下さい。参考になるよう頑張ります??

 

 

1月2日

『新春シリーズ』2日目の本日1月2日もまずはおみくじ馬券から!メインの第10レース「新春盃」のランダム馬券を1ベット500円で販売します。同じく無くなり次第終了となりますので ぜひお早めに、よろしくお願い致します。

 

13時からは 「レディスヴィクトリーラウンド出場女性騎手サイン入色紙抽選会」の受付を担当します。13時から14時までが応募時間で当選発表は15時になります。サイン入色紙は抽選で10名様にプレゼント(^^)

11月30日に名古屋競馬で開催された第2ラウンドでは女性騎手の熱い戦いが繰り広げられ大いに盛り上がりました。次は1月9日に佐賀競馬場で第3ラウンドが開催されます!

名古屋から出場する2人の女性騎手(宮下瞳騎手,木之前葵騎手)にもまたレース前にインタビューに伺いたいと思っています、お楽しみに!

 

 

 

 

そして第6レース終了後と第7レース終了後の2回に渡り、もう名古屋競馬ではお馴染みの? アイドルユニット「BSJ」によるミニライブステージも行われます。新年から彼女達にパワーをもらい、馬券も頑張りましょう!

 

 

 

 

そんな本日のメインレースは重賞「新春盃」(10R,15:40)、10頭立てのダート1800m戦です。ニホンピロマイティは前走果敢に内を割って入るもアカデミックドレスにハナ差届かず2着。レース後 鞍上の丹羽騎手は「最後変わってないのか~」と相当悔しがっていました。しかし最近は調子もいい意味で平行線で相手なりにこの馬の力を出しきれています。距離も今なら持ちそうですし まず大崩れはしないのではないでしょうか。

 

そして注目はキタノアドラーブル。去年は他地区の強いメンバー相手に揉まれてきて 前走は地元勢相手に力の違いを見せつけました。「地力はこの馬が一番」ということで、名古屋で走るのは久々になりますが間近でこの馬の成長を見られたらと思います。新年早々 重賞で木之前騎手が活躍したら盛り上がりそうですよね‥。

 

ちなみにこのレースでは私も表彰式のお手伝いをさせていただきますので、レース後そちらの方も少しだけご注目して頂けたら嬉しいです(^^)!

 

 

1月1日

明けましておめでとうございます(^^)

元日から、名古屋競馬はイベント盛り沢山です!今年もよろしくお願いします!

まずは 新年一発目の運試しに、ぜひ おみくじ馬券を。 11時より入場門入ってすぐの場所でメインレースのランダム馬券を販売します。中にはハズレなしの当たりくじも入っていて、豪華景品が当たるWチャンスとなっています。売り切れ次第終了となりますのでお早めに。お待ちしてます!

 

13時30分からは名古屋競馬から甘酒のプレゼント。去年も配布のお手伝いをさせていただきましたが大人気で行列が絶えませんでしたのでこちらもお早めにどうぞ。

 

そして第3レース終了後にはウィナーズサークルにて 騎手・調教師・組合職堂一同より新年のご挨拶が行われます。終了後には騎手からのプレゼントもあるみたいですよ(^^)

 

第8レース終了後には「日本プロスポーツ大賞 新人賞」を受賞した加藤聡一騎手の報告式が同じくウィナーズサークルで開かれます。デビュー1年目から大活躍を見せた加藤聡一騎手からどんなお話が伺えるのか楽しみです。

 

さらに 第6レース終了後と第9レース終了後には 特設ステージにてハチゴーさん、煉瓦ホリオさんと一緒に私,神田舞が競馬予想会に出演させていただきます!

“お笑い競馬予想”と題されてますが‥どうなるんでしょうか‥。お楽しみに!

 

 

 

本日のメインレースは重賞 「尾張名古屋杯」(11R,15:50)。個人的に嬉しかったのはエーシンフルハウスに村上騎手が騎乗する事。デビュー2勝目を飾った馬で乗り役が替わってからもずっと気にしていました。調子が戻ってきていると伺った前走はコラムでも名前を挙げ3着に逃げ粘ってくれました。今回はおそらく‥サンデンバロンがいつも通り逃げる形になるかと思うのでその辺りがどうか。まず崩れなさそうなのはキクノセントロ。まだ名古屋で馬券内を外してない安定感で‥前走のような前目から抜け出す形の競馬が出来れば。