• トップ > 特集記事 > 神田舞のまいまいノート > 2017年

  

3月30日

本日はいよいよ名古屋競馬場で『名古屋大賞典』が行われます。今年はJRA勢に強力メンバーが揃ったこともあり‥9頭立てのレースになりました。そのうち地元馬はヴェリイブライト、カツゲキキトキト、ナスノアオバの3頭。それぞれ意気込みを伺ってきました!

 

◯加藤聡一騎手 (4番  ヴェリイブライト)

せっかく乗せてもらえるので一つでも上の着順にいけるように頑張ります。隣に森泰斗騎手と福永祐一騎手に挟まれて、すごく大きな経験になるでしょうし参加できるだけで嬉しいです。

 

◯大畑雅章騎手(6番 カツゲキキトキト)

今回はJRAのメンバーが強いですが‥馬券に絡めるように何とか地元で頑張りたいです。前にいくJRAの馬を見ながら4、5番手で進める事になると思います。

 

◯森島貴之騎手(9番  ナスノアオバ)

前走の東海クラウンはやはり名古屋のゴールドブラザーが強かったですが、馬の調子自体は悪くないのでここも使う事になりました。一頭二頭でも負かせられるように乗れたらと思っています。豪華な馬と騎手の中で乗れるのはすごく楽しみです!

 

 

地元馬の注目となるのはやはりカツゲキキトキト。相手も揃い厳しいレースにはなりそうですが、馬の調子自体はすごく良いという事と地元の利を活かしてどこまでやれるか。今後のローテーションを決める一戦になるそうで 、いち名古屋競馬ファンとして応援したいと思います。

 

 

私は重賞日ということでいつものYouTubeLIVE配信と表彰式プレゼンターお手伝いに加え、久しぶりに場内での予想ステージにも出演させていただきます。フィッシュ&チップスさんと第9レース終了後に名古屋大賞典の予想を行いますので競馬場にお越しの方はご注目していただけたら嬉しいです。そして残念ながら場内参戦出来ないという方も、13時15分からと14時15分からの2回にわたり3人でのYouTubeLIVE配信を行いますのでそちらにてよろしくお願いします(^○^)

 

レースはグリーンチャンネルでのLIVE中継もされますし、ぜひ皆さんにお楽しみいただけたらと思います。発走は16時20分です!

 

 

3月29日

3/24(金)に笠松競馬場での期間限定騎乗を終えた高橋昭平騎手。延長も含め9/26からちょうど半年近くに及んだ遠征期間ですっかり笠松競馬騎手の一員となり、当日行われた“お別れセレモニー”には多くのファンが駆けつけていました。

 

― 笠松遠征はいかがでしたか

すごい乗り役もファンも暖かくて、レースもたくさん乗せてもらえて面倒見てもらって‥本当に有り難かったです。

 

― 笠松で印象に残っているレースは

なんだろう‥たくさんありますが勝って嬉しかったレースで言えばこの間のカナナ(3/9 アクアマリン賞)で鼻差勝てたのは良かったと思います。あの厩務員さんの担当馬で初めて勝てた馬だったので、喜んでもらえて嬉しかったですね。

 

― 名古屋競馬場での騎乗もありました

名古屋はまた馬場の感じも違って勉強になりました。ただ3着が最高だったので‥1個勝ちたかったなという思いはあります。

 

― 笠松・名古屋競馬場での騎乗で学んだ事は

スタートしてからの先行争いが大事で 少しは積極的に行けるようになった気がします。

 

― それらを踏まえて今後の目標は

やっぱり大井でもっとたくさん乗せてもらえるように頑張りたいですし勝ち星をあげていけたらと思っています。

 

― では、プライベートについて‥

乗り役さん達にたくさんご飯に連れていってもらえたり名古屋の方も観光出来て充実していました!

 

― 笠松でファンになったという方も見えると思います。最後にファンの皆さんへメッセージ

半年いたので帰るのは寂しいですが また機会があれば乗りに来たいと思っていますし、大井にも遊びに来て欲しいです!

 

ありがとうございました。お疲れ様でした!!

 

 

 

 

本日の名古屋競馬場は中京競馬場マスコットキャラクター“ペガスター”が来場し、新設重賞 『中京ペガスターカップ』(10R,16:15)が行われます。東海地区デビュー馬、謂わゆる生え抜きの馬による3歳OP戦で名古屋競馬所属馬5頭,笠松競馬からは4頭が参戦してのレースとなりました。名古屋競馬での実績で言えばスプリングカップにて重賞制覇したメモリーミラクルが抜けた形になりそうですが‥果たしてどうなるのでしょうか。13:15と14:45から行われるYouTubeLIVE配信「まいまい予想」、よろしくお願い致します!

前回配信にて「有力馬だけでなく穴になりそうな馬を見つけたいから全馬取材に行って欲しいです」という貴重な意見をいただき、一競馬ファンとしてなるほどなと思い出来る限りお答え出来るように動いてますのでぜひ楽しみにしていただけたらと思います‥(^_^;)!

 

 

 

3月24日

3/16(木)に名古屋競馬場で行われた重賞『若草賞』を制したのは高知競馬所属のタッチスプリントでした。道中 最後方からじっくり脚を溜め、直線では鮮やかな末脚が炸裂。上がり3F38.5という強烈な末脚にただただ驚く中‥検量では別府調教師の「よっしゃあ!」の声が一早く響き渡りました。レース前の直前取材にて「この馬は暖かくなった方がいいタイプで、もしここで走らなかったとしてもこれから期待していけると思います。体重は増えていた方が確実に良いでしょう。少し間隔あきましたし若干戻ってはいると思いますよ」とお話しされていた通り+13Kgでの出走となりました。次戦も期待できるのではないでしょうか。おめでとうございます!

 

 

 

 

 

当日はYouTubeLIVE『まいまい予想』を見てくださった方、ありがとうございました。混戦模様の3歳勢の新星として1番人気に推されたショルトは伸びずに6着に終わりました。川西調教師のレース後コメントです。「全く息を入れるところがありませんでしたね。展開が違えば勝てたかもしれませんがこればかりは仕方ありません。掛かる仕草も見られましたし時計とかではなく流れ,展開が全てです。」パドックでは力強い馬体と歩様が目立っていましたしこの一戦で見限るのは早い気も。また注目していきたい存在です。

 

次回のLIVE配信は、3/29(水)に行われる新設重賞『中京ペガスターカップ』にて。第一回を記念して場内には中京競馬場のマスコットキャラクター“ペガスター”が遊びに来てくれるそうですよ(^^)v   またよろしくお願い致します!

 

 

そして本日は笠松競馬 弥生シリーズ最終日。

東海クラウン(11R,16:05)は前走久々の笠松参戦できっちり結果を残したゴールドブラザーに再度期待と人気が集まりそうです。穴で注目したいのはマズルファイヤー。前走南関東OP戦では7着に終わりましたが地元でコンビを組む佐藤友則騎手が「なんとか乗りに行きたかった」という程期待している馬で、「名古屋で勝った時より今の方が動きが全然いいです。楽しみにしています」との事。手強いメンバーが揃いましたが展開次第の馬も何頭かいる中 上手く前目に取り付けられれば。

 

 

3月17日

名古屋競馬 重賞 『スプリングカップ』(2/28,10R)をメモリーミラクルで制し、デビュー9年目にして見事 重賞初制覇を成し遂げた友森翔太郎騎手に喜びの声を聞いてきました(^O^)

― 重賞初制覇の率直な感想は
もう、嬉しいの一言です!

― スプリングカップを振り返って
スタートも決まりイメージ通りにいけました。4コーナーまわる時くらいには勝てるんじゃないかなと思いましたね。

― 重賞を制覇して、気持ち的に変わったところは
もっともっと競馬が楽しくなりました。今年の目標の一つだったので、叶えられて良かったです。

― 次の目標は
とりあえずは年間50勝以上したいですね。

「もっともっと競馬が楽しくなった」という言葉は印象的で、こちらも嬉しくなりました。おめでとうございます!

本日は若草賞シリーズ最終日。
メインレース『アクアマリンオープン』(11R,16:20)は 若草賞に加え今開催で私が楽しみにしていたレースの一つです。
逃げて結果を残して来た馬達がぶつかり、どんなレースが見られるのか。どの陣営も一歩も譲らない様子です。
ヴェリテを管理する竹下調教師は「真っ向勝負ですよ。着狙いのような競馬はしないです。サンデンバロン相手でも、自分の競馬をするだけです。勝ちにいって着外になったとしても、それは競馬なので仕方がない事だと思います」。「控える気はない」とのお話でしたが 最近のヴェリテは控えても結果を残せていて、物見する事も少なくなり集中して走れているのが感じられます。大人になり、距離が不安視されていた前走も馬券に絡む事が出来ました。今回も厳しい戦いにはなりそうですが成長したヴェリテに期待したいと思います。 

 

 

3月16日

前回記事の島崎騎手300勝達成取材に続き、今回は 筒井勇介騎手に地方競馬通算800勝達成のインタビューをさせていただきました!

 

― 800勝達成おめでとうございます

時間は掛かりましたけど色々良い思いもさせてもらいました。1000勝目指してもっと勝てるように頑張りたいです。1000勝はやはり意識していますね。

 

― 普段の騎乗で心掛けている事は

やはり位置取りは大事なので良い位置を取りに行こうと意識して乗っています。あとは最近なんですが、馬のリズムを崩さないように 気をつけています。

 

― 直近のJRA騎乗では馬券にも絡みました(2/19 京都競馬 2R)

馬券に絡んだレースは、失敗だったんです。ちょっと行きすぎてしまって。もうちょっと冷静に乗れるように人間的に成長していきたいですね。JRAでまた乗りたいという気持ちはもちろんあります。目標は、まず一勝したいです。

 

― 最後にファンの皆さんへ一言

1000勝が近いので、日々鍛錬していい結果が出るように一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします!いい結果を出していけばリーディングもついてくると思うのでそれを目指して頑張っていきたいと思います。

 

ありがとうございました!

控えめな筒井騎手の口から出た“リーディング宣言”。期待したいと思います(^^)v

 

  

 

 

本日は名古屋競馬場にて重賞『若草賞』(10R,16:20)が行われます。

前開催の笠松にて、セレニティフレアについて後藤調教師にお話を伺うと「前走であれだけ伸びないと強気にはいけないですよね‥。馬場が合わなかったのか。体調は絶好調でしたがああいう事が起きるのが競馬。状態は変わりなく出せるので再度名古屋で、頑張ってほしいです」。

前走のスプリングカップでは1番人気に推されるも6着という結果に終わり、2回目の名古屋重賞で巻き返せるか‥注目です。

 

私の具体的な印等については、重賞日ということでまたYouTubeLIVE「まいまい予想」にてよろしくお願い致します。少しでも有益な情報をお届け出来るよう取材の方も頑張りたいと思います!

http://www.nagoyakeiba.com/news/2017/03/26sp-1.html

 

 

3月15日

笠松競馬所属の島崎和也騎手に地方競馬通算300勝達成のインタビューをさせていただきました!

 

― 300達成までの道のりは

年数のわりに全然勝てていなかったのでもっと早く達成したかったです。300勝については特に意識してなくて達成の瞬間も知りませんでした。いつも通りでしたね。

 

― 普段の騎乗で心掛けていることは

まずは人の邪魔をしないように。そしてやはり笠松は前有利なのでなるべく良い位置を取りに行こうと心掛けて乗っています。デビューして14年くらいになりますがデビュー当時と比べると落ち着いて乗れるようにはなったと思います。

 

― 2/28に名古屋競馬場で行われた重賞 スプリングカップ(グレイトデピュティに騎乗)を振り返って

最初から行きっぷりが本調子じゃなかったですね‥。次は何とか頑張りたいです。輸送も初でしたし笠松の方が走りは良かったと思います。あとはやはりマイルの大外も厳しかったですね。揉まれ弱い面があるので外枠を希望してはいましたがさすがに外すぎました。

 

― 今後について

今後もすんなり2、3番手を取れる競馬をしていきたいですがずっとそういうわけにもいかないので 揉まれてもいけるようにならないと、とは思っています。

 

― 3/16に同じく名古屋競馬場で行われる重賞 若草賞にはサイレンスミラーが登録しています

今の時点では体調を整えてる段階なので何とも言えないですが使うつもりでいます。この馬もスムーズにいかないとダメなので理想はすんなりハナから2、3番手。メモリーミラクルや園田のスターレーンなどの はやい馬より外がいいですね。見ながら番手くらいにつけられたらと思っています。

 

― ありがとうございました。 最後に今後の目標を

何とか‥重賞を勝ちたいです!!

 

 

 

本日は名古屋競馬 若草賞シリーズ3日目。

メインは10レース『ムスカリー特別』(16:10)ブランニューの前走は遅れて最後方からとなりましたが強いメンバー相手に最後は4着まで追い上げてきました。今回は8頭立ての4番枠。内の逃げそうな馬を見ながらスムーズにいけたらと思います。

 

 

3月9日

3/2(木)に園田競馬場で行われた重賞『六甲盃』は名古屋のカツゲキキトキトが圧倒人気に応え優勝。意外にも東海地区以外の重賞で初タイトルを手にしました。連続騎乗の中、合間をぬって前日取材に応えてくださった大畑騎手。出走表も距離も見ておらず、「どんなメンバーだとしても地方馬相手に競り負けるようではダメでしょう」とずっとコンビを組むキトキトの強さを一番に信じているのが伝わってきました。それはレース後の「西日本で一番強いと思っています」というコメントにも表れていたと思います。

 

 

 

 

それでも何が起こるかわからないのが競馬。能力が抜けていたとしても いつでもどこでも自分の力を出し切るというのは中々できる事ではありません。大畑騎手も「すごいプレッシャーでした」と。賢くてレースをよく理解しているカツゲキキトキトには本当に頭が下がります。お疲れ様でした。そして おめでとうございます!目標は、変わらず“打倒JRA”。次は地元 名古屋で3/30(木)に行われる『名古屋大賞典』にて再びJRA馬に挑みます!

  

 

 

 

同日は名古屋競馬場で競馬エースさんの販売をお手伝いさせていただきました。生憎の雨や人身事故の影響で客足は大変寂しいものでしたが‥普段中々機会のない常連さん方とお話できて楽しかったです!

ありがとうございました。またリベンジしたいですね(^O^)

 

 

 

 

本日は笠松競馬3日開催の2日目。9R(15:00)ハードルソングはゲート出はそこまで良くないまでも二の脚が速い馬で良い位置を取りに行けます。道中は行きたがるような素振りを見せ、今回久々の1400mも対応可能なはず。鞍上は前開催の名古屋競馬『名古屋CCジュノ賞』にて人気薄馬クラウンビュレットを勝利に導き、調教師の先生や担当厩務員さんを驚かせた佐藤友則騎手。「大切なのはトランキーロです!」と“焦らず”絶妙なタイミングでの追い出しを期待したいと思います(^^)

 

 

3月3日

名古屋競馬スプリングカップシリーズ最終日。

2日目に行われた重賞スプリングカップではメモリーミラクルが逃げ切り、友森騎手が見事 重賞初勝利を成し遂げました。前走は控える競馬を試すとの事でしたが今回は直前インタビューにて「いけたらいくと思います。他にいきそうなのはサザンオールスターくらいですしあの馬は制せられるんじゃないでしょうか。」11レース中10レースが逃げ切り勝ちという傾向も加味し最後まで脚は衰えませんでした。重賞で惜しいレースが続くも中々勝ちきれなかった鞍上もやっと一つ,肩の荷が下りたのではないでしょうか。また嬉しい声を聞いてきたいと思います。おめでとうございます!


 

ちなみに唯一の差し切り勝ちとなった9レースを勝ったのは 笠松のミッキーピオーネ。

前走本命にしていた馬です‥。

笹野調教師によると「今日の名古屋の馬場が合っていましたね。難しい馬なので外枠も良かったと思います。 後はブリンカーを外してみて、いつもと気合い乗りが違うなと思ったのでその影響もあったと思います。

特に状態が変わったというわけではないので信用しきれないところもありますが元々南関東でやれてた実力馬です。次は笠松で、勝ちたいですね。」

スタートから最後まで追い出し続けた藤原幹生騎手の好騎乗も光ったレースでした。


 

本日7レースに出走するドロダンゴはメンバー的に再び逃げるか番手あたりにはつけそう。前走は金沢の柴田騎手が跨り「勝ちたかった~」とレース後は悔しそうな表情を見せていました。村上騎手に鞍上が変わりどんなレースを見せてくれるのか楽しみです。

  

 

 

  

 

  神田舞(かんだ・まい)

愛知県出身の競馬タレント 1993年12月25日生

芸能プロダクション「みらいくーる」所属